メインメニューを開く

クラース・アルストレーマー

Claes Alströmer (1771)

クラース・アルストレーマースウェーデン語: Clas Alströmer1736年8月9日 - 1794年3月5日)は、スウェーデン実業家科学者パトロン博物学者である。有名なスウェーデンの実業家、ヨーナス・アルストレーマー(Jonas Alströmer)の息子である。

略歴編集

アリングソースに生まれた。ウプサラ大学で博物学、化学経済学を学んだ。彼の学んだ時期のウプサラ大学の教授陣はカール・フォン・リンネや大僧正ヴァレリウス、バーチ(Anders Berch)がいた。18歳で家族の不動産の管理に携わった。1760年から1764年までスペイン南部の農業の研究を行い、イタリア、フランス、ドイツを経由して帰国した。薬草魚類貝殻などの博物学標本をアリングソースの博物館やリンネのために収集した。リンネはその功に対してユリズイセン科(Alstroemeriaceae)、アルストロメリア属 (Alstroemeria)にアルストレーマーの名前をつけた。1770年にヨーテボリに移り父親のもとで働き、裕福な商人の娘と結婚した。スウェーデン最大の商社を運営した。1768年に科学アカデミーの会員となり、ヨーテボリの王立科学文芸アカデミーの会員となった。トルビョルン・ベリマンカール・ツンベルクらのスウェーデンの科学者を支援したことでも知られる。

参考文献編集

  • Nordisk familjebok, Alströmer, 3. Klas
  • Göteborgssläkter under 1700-talets senare del : Utdrag ur Göteborgs Domkyrkoförsamlings födelsebok 1762-1790 och ur Göteborgs Kristine församlings födelsebok 1775-1790, Carl Gustaf Weibull, Skrifter utgivna av Personhistoriska föreningen äldre Göteborgssläkter, Göteborg 1915, s. 8
  • Berättelser ur Göteborgs Historia under Frihetstiden, [1719-1772], Hugo Fröding, Göteborg 1919, s. 140
  • Kronologiska anteckningar om viktigare händelser i Göteborg 1619-1982, Agne Rundqvist, Ralf Scander, Anders Bothén, Elof Lindälv, utgiven av Göteborgs hembygdsförbund 1982, s. 26
  • Det gamla Göteborg: lokalhistoriska skildringar, personalia och kulturdrag - staden i väster, [Första delen], C R A Fredberg (1921). Faksimil med omfattande kommentarer och tillägg, Sven Schånberg, Arvid Flygare, Bertil Nyberg, Walter * Ekstrands Bokförlag 1977 ISBN 91-7408-015-6, s. 855, "Släktsammanhang".