クリストファー・コンヤーズ (第2代コンヤーズ男爵)

第2代コンヤーズ男爵クリストファー・コンヤーズ英語: Christopher Conyers, 2nd Baron Conyers1538年6月14日没)は、イングランド貴族

生涯編集

初代コンヤーズ男爵ウィリアム・コンヤーズ英語版と2人目の妻アン・ネヴィル(Anne Neville、1525年以降没、第3代ウェストモーランド伯爵ラルフ・ネヴィル英語版の娘)の息子として生まれた[1]。1516年に義父第2代デイカー男爵トマス・デイカー英語版が書いた手紙によると、クリストファーはリンカーン法曹院に入学したという[1]

1523年9月25日に騎士爵に叙され、翌年に父が死去するとコンヤーズ男爵位を継承した[1]。1529年8月に議会召集令状を得て貴族院に登院し、1530年には「国王ヘンリー8世の離婚を許可しなければ教皇の優位性を否定する」という教皇クレメンス7世への書状に署名した[1][2]

1538年6月14日に死去、息子ジョンが爵位を継承した[1]

家族編集

1515年9月28日にアン・デイカー(Anne Dacre、1547年/1548年没、第2代デイカー男爵トマス・デイカー英語版の娘)と結婚、2男2女をもうけた[2]

  • ジョン(1524年頃 – 1557年) - 第3代コンヤーズ男爵
  • レオナード(Leonard、1576年/1577年没) - Laton姓の女性と結婚した
  • エリザベス - ジョージ・プレイス(George Playce)と結婚
  • ジェーン(1558年12月4日没) - サー・マーマデューク・コンスタブル(Sir Marmaduke Constable)と結婚、子供あり

出典編集

  1. ^ a b c d e Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary; Doubleday, H. Arthur, eds. (1913). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Canonteign to Cutts) (英語). 3 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. pp. 404–405.
  2. ^ a b "Conyers, Baron (E, 1509)". Cracroft's Peerage (英語). 28 June 2012. 2020年8月19日閲覧
イングランドの爵位
先代:
ウィリアム・コニャーズ英語版
コンヤーズ男爵
1524年 – 1538年
次代:
ジョン・コンヤーズ