メインメニューを開く

クリスマス・イヴ』は、2001年に公開された日本のサスペンス映画。原作は岡嶋二人の同名小説。

クリスマス・イヴ
監督 雑賀俊郎
脚本 最合のぼる
原作 岡嶋二人
製作 田中和彦
黒澤満
出演者 黒坂真美
山村アキラ
佐伯俊
音楽 神尾憲一
主題歌 Groove Crystal
『あなたの中の情熱が見たい』
撮影 遠藤政史
編集 雑賀俊郎
製作会社 ギャガ・コミュニケーションズ
東映ビデオ
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
公開 日本の旗 2001年4月21日
上映時間 81分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

目次

概要編集

ギャガ・コミュニケーションズ東映ビデオが共同製作した「デジタル・シネマ・プロジェクト」の第1弾となる本作は、サスペンス作品としては異色の「ニュー・フィアー・ムービー」と銘打たれ、"叫び"が特に強調された。本プロジェクトはその1週間後も第2弾として『EKOEKO AZARAK エコエコアザラク』が公開された。

クリスマスを題材にした作品ではあるが、国内におけるスプラッター映画としては類を見ないほど残虐な場面が極めて多い。随所の惨殺シーンも『悪魔のサンタクロース 惨殺の斧』を彷彿とさせている。グロテスクで過激な描写はもとより、予測不可能なストーリー展開も話題をさらっている。

撮影にはHDCAMの30Pモードが使用され、デジタル処理が制作当時の最高画質で行われた。

キャッチコピーは「殺して殺して殺して、殺して…。

ストーリー編集

山深い別荘でのクリスマス・パーティに向かった敦子と喬二。夜になって到着したその別荘はまっ暗で、荒らされた室内には友人の血まみれの死体が…。雪に閉ざされ孤立した別荘地でイヴの夜に起こった恐ろしき惨劇。凶悪で強靱な殺人鬼から果たして逃れることはできるのか!?

出演編集

スタッフ編集

主題歌編集

  • 『あなたの中の情熱が見たい』Groove Crystal(avex trax

20世紀最後のクリスマス・イヴ編集

公開に先立ち、2000年12月20日に六本木のオリベホールにて開催された「20世紀最後のクリスマス・イヴ」に本作が先行公開された。ネット応募により選ばれた一般客が正統派ラブストーリーだと信じる中、惨殺シーンが始まるとわずか数分で途中退場する客が続出。20世紀最後にして一般客を最大の恐怖に陥れたクリスマスイベントとなった。

オークション出品編集

ヒロインである敦子のジャンパーなど、撮影に使われた物品並びにサウンドトラックはオークションに出品され、2001年4月27日の舞台挨拶にて落札者が発表された。このうち、敦子のジャンパーとハンドバッグは黒坂真美から直接落札者に渡された。

外部リンク編集