クリャーブ (ロシア語: Куляб, タジク語: Кӯлоб, Kulob)は、タジキスタン共和国ハトロン州の都市。人口は82,000人(2003年)で同国でも有数の都市である。首都のドゥシャンベの南東203kmに位置する。タジキスタンの現職大統領エモマリ・ラフモンの生誕地である。

クリャーブ
Кӯлоб
クリャーブ歓迎門
クリャーブ歓迎門
位置
クリャーブの位置(タジキスタン内)
クリャーブ
クリャーブ
クリャーブ (タジキスタン)
クリャーブの位置(西南アジア内)
クリャーブ
クリャーブ
クリャーブ (西南アジア)
クリャーブの位置(アジア内)
クリャーブ
クリャーブ
クリャーブ (アジア)
座標 : 北緯37度54分33秒 東経68度46分55秒 / 北緯37.90917度 東経68.78194度 / 37.90917; 68.78194
行政
タジキスタンの旗 タジキスタン
 州 ハトロン州
 市 クリャーブ
地理
面積  
  市域 ? km2
標高 580 m
人口
人口 (2003年現在)
  市域 82,000人
その他
等時帯 タジキスタン時間 (UTC+5)

歴史編集

16世紀以降、ブハラ・ハン国の町としてハトロン(Khatlon)という名前であった。1750年、現在の名前に変わり、ブハラ・アミール国の重要な町であった。ソ連時代には工業都市としての性格を強めた。

姉妹都市編集

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集