クルチ

ヤルカンド・ハン国のハン

スルタン・マフムード・ハンは、ヤルカンド・ハン国ハン(在位:1632年 - 1635年)。クルチとも。

概要編集

シュジャーウッディーン・アフマドの孫。1628年、叔父のアブドゥッラティーフよりカシュガルの総督に任命された。1632年、兄のアブー・アル=アフマド・ハージ・ハンを君主位から引きずり下ろし、自らが即位した。 シャー=マウウード・チュラスによると、イスハーキーヤのホージャ・シャーディーが首謀した企みにより暗殺され、他の史料によると、トルファンへの遠征の準備中にアルコールの過剰摂取で死亡したという。

マフムードの死後、アブー・アル=アフマド・ハージが復位した。

先代:
アブー・アル=アフマド・ハージ・ハン
ヤルカンド・ハン国君主
1632年 - 1635年
次代:
アブー・アル=アフマド・ハージ・ハン