クレメンス・マリア・フランツ・フォン・ベニングハウゼン

クレメンス・フォン・ベニングハウゼン

クレメンス・マリア・フランツ・フォン・ベニングハウゼン(Clemens Maria Franz Freiherr von Bönninghausen、1785年3月12日1864年1月26日)は、オランダおよび、プロイセンの貴族、役人、農学者植物学者である。ホメオパシーの分野のパイオニアの一人である。

現在のオランダのオーファーアイセル州のHerinckhaveの名家に生まれた。父親はケルン大司教の侍従などを務めた人物である。フローニンゲン大学で法律を学び、1806年に卒業した。ルイ・ボナパルトが国王としてオランダ(ホラント王国)を治めた時期に、 会計検査官、枢密官、税務の事務長、王室司書、地形学件所長などの、さまざまな役職を歴任したが、ルイ・ボナパルトが、1810年に王位を追われると、国の職を退職し、故郷に戻り、アルメロの裁判所長の職についた。1812年に父親が死ぬと、プロイセンのダルップの屋敷に移り、医学、農学、植物学を研究し、多くの論文を発表し、国際的な評価を得た。1816年にノルトライン・ヴェストファーレン州の司法裁判所長、土地登記事務所長に任じられると、州内を旅行する仕事のために各地の植物を研究する機会を得ることになり、著書、"Prodromus florae Monasteriensis Westphalorum, Phanerogamia"を出版した。

プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム3世にコースフェルト郡の評議員に任じられ、ノルトライン・ヴェストファーレン州の医師会の会長に選ばれ、ミュンスターの植物園の園長も務めた。修道女で、神秘家のアンナ・カタリナ・エンメリックの「聖痕」を調査した一人で、超自然的現象でないと結論した。1827年に重い肺病にかかり、死を覚悟し、友人に別れの手紙を書いたが、友人の一人の植物学者、ヴァイエ(Ernst August Weihe)にハーブオキナグサ(Pulsatilla)の服用を勧められ、その使用により回復したことから、自然療法の信奉者となった。ホメオパシーの創始者、サミュエル・ハーネマンと密接につきあい、『治療法ポケットブック』などの多くの治療法に関する著書を出版した。

著作編集

  • Systematisch-alphabetisches Repertorium der homöopathischen Arzneien. - Münster : Coppenrath, 1833. Digitalisierte Ausgabe der Universitäts- und Landesbibliothek Düsseldorf. Band 1 und 2
  • Beiträge zur Kenntnis der Eigentümlichkeiten aller bisher vollständiger geprüften homeopathischen Arzneien, in Betreff Erhöhung oder Linderung ihrer Beschwerden nach Tageszeit und Umständen und der von ihnen erregten Gemüthsbeschaffenheiten. - Münster : Coppenrath, 1833. Digitalisierte Ausgabe der Universitäts- und Landesbibliothek Düsseldorf.

参考文献編集

  • Friedrich Kottwitz, Bönninghausens Leben: Hahnemanns Lieblingsschüler [Bönninghausen's Life: Hahnemann's Favourite Student], Berg am Starnberger See, 1985 ISBN 3-03950-016-3
  • Martin Stahl, Der Briefwechsel zwischen Samuel Hahnemann und Clemens von Bönninghausen [The writings between Samuel Hahnemann and Clemens von Bönninghausen], Heidelberg, 1997 ISBN 3-7760-1632-9
  • De Twentse roggebouw / door Freiherr Von Bönninghausen [The Twent rye economy by Freiherr Von Bönninghausen], revision 1988, Stichting Heemkunde Albergen, ISBN 90-71631-03-6
  • Marijke Gijswijt-Hofstra, Grenzen van genezing: gezondheid, ziekte en genezen in Nederland, zestiende tot begin twintigste eeuw [Boundaries of Healthcare: health, sickness and curing in the Netherlands, 16th till the beginning of the 20th century], Hilversum, 1993 ISBN 90-6550-366-8
  • Bönninghausens Kleine medizinische Schriften [Lesser Medical Writings] (ed. Klaus H. Gypser), Heidelberg, 1984 ISBN 3-920042-13-1
  • Julian Winston, The Heritage of Homeopathic Literature, Tawa, NZ, 2001
  • Ernst Friedländer, Bönninghausen, Clemens Maria Franz von, Allgemeine Deutsche Biographie, Band 3, Duncker & Humblot, Leipzig, 1876, Pag. 131–132.
  • Rolf Wiermann, Der Botanische Garten der Universität Münster [Münster University Botanic Garden], Münster, 2003 ISBN 3-7843-3218-8
  • Willy Schmitz, Die preußischen Landräte des Kreises Coesfeld 1816–1945 [The prussian government of Kreis Coesfeld 1816–1945], Coesfeld, 1974
  • Tubantia, Twentenaar aan de wieg van de homeopathie [Twent at the cradle (very heart) of the Homeopathy], 28 januari 2004