クロマチウム属はクロマチウム科の基準属で、グラム陰性の非芽胞形成嫌気性光合成桿菌。極鞭毛を持ち運動性のある種がある。基準種はクロマチウム・オケニ。属名は色のついたものを意味する。GC含量は18から70。

クロマチウム属
分類
ドメ
イン
: 真正細菌 Bacteria
: プロテオバクテリア門
Proteobacteria
: γプロテオバクテリア綱
Gamma Proteobacteria
: クロマチウム目
Chromatiales
: クロマチウム科
Chromatiaceae
: クロマチウム属
Chromatium
学名
Chromatium
Perty 1852
下位分類(種)
  • C.オケニ
  • C.ビオラセウム
  • C.ピスシナエ

バクテリオクロロフィルaカロテノイドといった色素を生産する。幾つかの種は増殖に硫化物とビタミンB12を要求する。細胞内には利用した硫化物が酸化して生じた硫黄粒がみられる。本属の菌は硫黄を硫酸まで酸化する能力がある。

参考文献編集

  • Michael T. Madiganほか著、室伏きみ子、関啓子監訳『Brock微生物学』オーム社、2003年4月。ISBN 9784274024887NCID BA61734511
  • 発酵研究所監修、大嶋泰治ほか編『IFO微生物学概論』培風館、2010年12月。ISBN 9784563078119NCID BB04312618