メインメニューを開く

クロード・ボーズ=ライアン (第13代ストラスモア=キングホーン伯爵)

クロード・ボーズ=ライアン (第13代ストラスモア伯爵)から転送)
1860年代の第13代ストラスモア=キングホーン伯爵

第13代ストラスモア=キングホーン伯爵クロード・ボーズ=ライアン: Claude Bowes-Lyon, 13th Earl of Strathmore and Kinghorne1824年7月21日1904年2月16日)は、グレートブリテンおよびアイルランド連合王国貴族。第14代ストラスモア伯爵クロードの父。イギリス王ジョージ6世王妃のエリザベス・ボーズ=ライアンの祖父。現女王エリザベス2世の曾祖父にあたる。

生涯編集

グラームズ卿トマス・ジョージ・ライアン=ボーズ英語版第11代ストラスモア=キングホーン伯爵トマス・ライアン=ボーズの息子)とシャーロット・グリムステッド英語版の三男として、1824年7月21日に生まれた[1]。1838年にウィンチェスター・カレッジで教育を受けた[2]

1852年から1854年までライフガーズ第2連隊英語版で士官を務めた[2]。1853年9月23日にフランシス・ドラ・スミス(Frances Dora Smith、1922年2月5日没、オズワルド・スミスの娘)と結婚、7男4女を儲けた[1]

  • クロード(1855年 – 1944年) - 第14代ストラスモア=キングホーン伯爵、子供あり
  • フランシス(1856年 – 1948年) - 子供あり
  • アーネスト(1858年 – 1891年) - 子供あり
  • ハーバート(1860年 – 1897年) - 生涯未婚
  • パトリック英語版(1863年 – 1946年) - テニス選手
  • コンスタンス(1865年 – 1951年) - 子供あり
  • ケネス(1867年 – 1911年) - 生涯未婚
  • ミルドレッド(1868年 – 1897年) - 子供あり
  • モード(1870年 – 1941年) - 生涯未婚
  • イヴリン(1872年 – 1876年) - 早世
  • マルコム(1874年 – 1957年) - 子供あり

1865年9月13日に兄トマスが死去すると、ストラスモア=キングホーン伯爵の爵位を継承した[1]。その後、1870年から1886年までスコットランド貴族代表議員を務め、1887年7月1日に連合王国貴族であるストリートラム城のボーズ男爵に叙された[2]

1904年2月16日に死去、長男クロードが爵位を継承した[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d Burke's Peerage, Baronetage and Knightage (in English) (99th ed.). London: Burke's Peerage Limited. 1949. pp. 1925–1926.
  2. ^ a b c Cokayne, George Edward, ed. (1896). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (S to T) (in English). 7 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 291.
名誉職
先代:
ダルハウジー伯爵
アンガス統監英語版
1874年 – 1904年
次代:
ストラスモア=キングホーン伯爵
イギリスの爵位
新設 ボーズ男爵
1887年 – 1904年
次代:
クロード・ジョージ・ボーズ=ライアン
スコットランドの爵位
先代:
トマス・ジョージ・ライアン=ボーズ
ストラスモア=キングホーン伯爵
1865年 – 1904年
次代:
クロード・ジョージ・ボーズ=ライアン