2024年 7月文月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
日付の一覧
各月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

7月21日(しちがつにじゅういちにち)は、グレゴリオ暦で年始から202日目(閏年では203日目)にあたり、年末まであと163日ある。

できごと 編集

 
アルテミス神殿が放火され倒壊(BC356)。「名を残す」という動機による放火で、「ヘロストラトスの名誉」という言葉が生まれた
 
イタリア戦争、フランス軍がイングランドのワイト島に侵攻(1545)
 
エジプト・シリア戦役ピラミッドの戦い(1798)。
兵士たちよ、ピラミッドの高みから、40の世紀が諸君を見守っている。――ナポレオン・ボナパルト
アグスティン・デ・イトゥルビデがメキシコ皇帝として戴冠、第一次メキシコ帝国成立(1822)
 
米軍がグアム上陸、グアムの戦いはじまる(1944)
 
米軍占領下の沖縄日本円の流通が禁止され、B円のみが正式通貨となる(1948)
ジュネーヴ協定成立により第一次インドシナ戦争休戦(1954)。右画像は1964年サイゴンの「国恥記念日」の様子
 
アスワン・ハイ・ダム完成(1970)

誕生日 編集

 
ルネサンス教皇の典型、ローマ教皇シクストゥス4世(1414-1484)誕生。右画像は教皇が普請させたシスティーナ礼拝堂の天井画
作家アーネスト・ヘミングウェイ(1899-1961)誕生。
偉大な芸術家は、それまでなされもしくは知られたものを超え、自分自身の何かを作り出す――『午後の死』(1932)
人間は打ち負かされるようなものではない。殺されてしまうことはあっても、打ち負かされることはない。――『老人と海』(1952)

忌日 編集

武将細川高国(1484-1531)、広徳寺(右画像)にて自害。
絵にうつし石をつくりし海山を後の世までも目かれずや見む――辞世の句
詩人、ロバート・バーンズ(1759-1796)没。『蛍の光』などのスコットランド民謡収集でも知られた。
人の人に対する非人間性が無数の人を嘆かせる。人は嘆くよう創られた。――『人は嘆くよう創られた』(1786)
 
南アフリカ共和国の黒人解放運動指導者、アルバート・ルツーリ(1898-1967)事故死

人物 編集

人物以外(動物など) 編集

記念日・年中行事 編集

ベルギーの位置
初代ベルギー王レオポルド1世

出典 編集

  1. ^ 「絶壁と格闘十六時間、ついに登頂に成功」『大阪毎日新聞』1925年8月1日(大正ニュース事典編纂委員会 『大正ニュース事典第7巻 大正14年-大正15年』本編pp.660-661 毎日コミュニケーションズ刊 1994年)
  2. ^ 日外アソシエーツ編集部 編『日本災害史事典 1868-2009』日外アソシエーツ、2010年9月27日、35頁。ISBN 9784816922749 
  3. ^ 日外アソシエーツ編集部『日本災害史事典 1868-2009』p.60
  4. ^ 「大館市水浸し」『日本経済新聞』昭和26年7月21日 3面
  5. ^ 大相撲 白鵬が通算1048勝 歴代単独1位に NHK 2017年7月21日
  6. ^ 「なな色マジック」の漫画家・あさぎり夕さん死去 62歳 重い肺炎から回復かなわず… スポニチアネックス、2018年11月2日配信。
  7. ^ あさぎり夕らんど ホーム
  8. ^ 小林麻央さん死去 乳がんで闘病、34歳”. 朝日新聞デジタル (2017年6月23日). 2020年11月14日閲覧。
  9. ^ 公式プロフィール”. プロダクション・エース. 2021年1月9日閲覧。
  10. ^ 沖縄芝居役者の森田豊一氏死去”. 沖縄タイムス+ (2014年7月21日). 2024年5月17日閲覧。
  11. ^ (おくやみ)中井靖治氏(元テレビ朝日常務)”. 日本経済新聞 (2018年7月27日). 2024年5月17日閲覧。
  12. ^ 歌手の弘田三枝子さん死去 ヴァケーションなどがヒット”. 朝日新聞デジタル (2020年7月27日). 2024年5月17日閲覧。
  13. ^ 弘田三枝子さんが死去 73歳「ヴァケーション」「夢みるシャンソン人形」など」『デイリースポーツ online』、2020年7月27日。2024年5月17日閲覧。
  14. ^ 元宝塚歌劇団トップスター、那智わたるさん死去”. 朝日新聞デジタル (2023年7月28日). 2024年5月17日閲覧。
  15. ^ きょうは何の日 7月21日 ナツイチの日”. 東京新聞 (2022年7月21日). 2024年5月17日閲覧。
  16. ^ a b 加瀬清志 編『366日記念日事典 下』創元社、2020年、28頁。ISBN 978-4422021157 
  17. ^ 瑞泉寺太子伝会”. 真宗大谷派 井波別院瑞泉寺 (2023年6月7日). 2024年5月17日閲覧。

関連項目 編集