メインメニューを開く

クンストハレ: Kunsthalle)とは、芸術分野の展覧会を行うための、美術館を指して、ドイツ語圏で使われる用語である[1][2]。その地域のクンストフェライン: Kunstverein芸術家収集家などで構成される芸術協会)が地方自治体などの公的な支援、個人や各財団の助成などを受けて運営している非営利的な施設であることが多い。作品の購入と所蔵、展示を行う美術館(クンストムゼウム、: Kunstmuseum)に対して、クンストハレの多くは独自のコレクションを持たない。しかしハンブルクやブレーメン、カールスルーエなどのクンストハレはその豊かなコレクションで有名であり、コレクションの有無によってムゼウムとクンストハレを区別する事は現在では適切ではなく、各施設の名称の違いには設立の歴史的経緯が影響されていると考えられる。[3][4][5] 日本の水戸芸術館や森美術館など、独自のコレクションを持たずに展覧会や催物の会場として使用される施設はドイツ語圏ではアウスシュテルングスハレ(: Ausstellungshalle)と呼ばれ、ボンの連邦美術館が有名である。

目次

各地のクンストハレ編集

オーストリア編集

ベルギー編集

フランス編集

ドイツ編集

スイス編集

日本編集

脚注編集

関連項目編集