メインメニューを開く

美術(びじゅつ)とは、視覚で捉えることを目的として表現された造形芸術視覚芸術)の総称。英語では "art" の一種であり、"fine art"、"visual art" などともいう。日本語でもこれらの語は音写形が外来語化しており、それぞれに「アート」「ファインアート」「ヴィジュアルアート表記揺れビジュアルアート」という。また、visual art は漢訳されて「視覚芸術」ともいう。

定義編集

原始時代の洞窟壁画ラスコーの壁画など)は呪術的な目的で描かれ、人間、の姿を巧みに捉え、日常的な実用性を離れた表現となっており、美術史の始めのページを飾るものである。美術は多く宗教とともに発達してきたが、近代以降は宗教から独立した一分野を形づくるようになり、個性の表現としても捉えられるようになってきている。

美術は芸術の一分野である。芸術とは、表現者あるいは表現物と、鑑賞者とが相互に作用し合うことなどで、精神的・感覚的な変動を得ようとする活動である。とりわけ表現者側の活動として捉えられる側面が強く、その場合、表現者が鑑賞者に働きかけるためにとった手段、媒体、対象などの作品やその過程を芸術と呼ぶ。表現者が鑑賞者に伝えようとする内容は、信念、思想、感覚、感情など様々である。

編集

日本語の美術は芸術即ち、『後漢書』5巻孝安帝[1]永初4年(110年)2月の五経博士の劉珍及による「校定東觀 五經 諸子 傳記 百家蓺術 整齊脫誤 是正文字の「蓺術」から来ており、本来の意味は技芸と学術である。

「美術」は、1873年(明治6年)、日本政府がウィーン万国博覧会へ参加するに当たり、出品分類についてドイツ語の Kunstgewerbe および Bildende Kunst の訳語として「美術」を採用したのが初出とされる(山本五郎『意匠説』[注 1]。すなわち「墺国維納府博覧会出品心得」の第二ケ条(展覧会品ハ左ノ二十六類ニ別ツ)第二十二区に「美術(西洋ニテ音楽、画学、像ヲ作ル術、詩学等ヲ美術ト云フ)(後略)」と記される[3]。あるいは西周1872年(1878年説もあり)『美妙学説』で英語のファインアート(fine arts)の訳語として採用した(「哲学ノ一種ニ美妙学ト云アリ、是所謂美術(ハインアート)ト相通シテ(後略)」とある)[4]

1876年(明治9年)に初の美術教育機関として工部大学校工部美術学校が開設された。また、1877年(明治10年)の『内国勧業博覧会区分目録』には、「第三区 美術 但シ此区ハ、書画、写真、彫刻、其他総テ製品ノ精巧ニシテ其微妙ナル所ヲ示ス者トス」とあり[5]、ファインアートのうち視覚芸術に限定した概念となった。文芸音楽演劇などは上位概念の「芸術」が使われている[注 2]

様式編集

ある時代の美術が一定の特徴や傾向を示している場合、様式概念を用いて説明することがよく行われる。例えばゴシック様式、バロック様式などである。一つの優れた作品、あるいは優れた作家が誕生し、時代の要求に応えた新たな美の形式を提示すると、同時代の作家たちがそれに影響され、多くの模倣作が造られるものである。

ジャンル編集

代表的な美術の分野(ジャンル)は絵画彫刻である。これに、版画陶芸染織写真インスタレーション映像パフォーマンスなども含む場合がある。隣接するものには、イラストレーションデザイン工芸などの応用美術や、漫画アニメ映画などの大衆芸術がある。

欧米では建築が美術の一部あるいは美術に隣接した分野とされることも多い。一方、日本では建築が工学的側面から捉えられることが多く、美術と捉える意識は薄い。明治維新以降、日本政府は富国強兵・欧米列強国との不平等条約等を覆す目的で近代国家作りに励んだため、建築もまず技術として捉えられたこと、また、関東大震災などの影響で耐震技術への関心が高かったことなどが理由に挙げられる。大学においても建築の課程は芸術系に置かれるよりも、工学系に置かれる場合が多い。

著作権編集

応用美術が著作権法の保護の対象になるかどうかが論点になった判例がある[7]。 応用美術が著作権法と意匠法のどちらで保護されるのかは、時代とともに変遷しているので注意のこと。

視覚障害と美術編集

視覚障害者の美術鑑賞

  • 直接、彫刻作品など(レプリカも含む)にさわって鑑賞する方法
  • 第三者に絵画作品などを言葉で解説してもらい鑑賞する方法

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 全文は近代デジタルライブラリー所収[2]
  2. ^ 1877年序刊の『墺国博覧会報告書』内に、Gottfried Wagner「芸術及百工上芸術博物館ニ付テノ報告」がある[6]

出典編集

  1. ^   范曄. 後漢書/卷5. - ウィキソース. 
  2. ^ 山本五郎 「意匠説 : 附・織物統計表」 織染研究会、1890年(明治23年)4月』 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  3. ^ 青木・酒井 1989, pp. 403-405 ※青木茂・北澤憲昭の解題に山本(明治23年)を引用している。
  4. ^ 西 1960, pp. 477-492.
  5. ^ 青木・酒井 1989, p. 405.
  6. ^ 青木・酒井 1989, p. 408.
  7. ^ 岡村久道. “6 応用美術 - 「著作物性 - 著作権法による保護の客体」”. サーバースペースの法律(公式ウェブサイト). 弁護士法人 英知法律事務所. 2019年12月12日閲覧。

参考文献編集

  • 『美術』青木茂酒井忠康(校注)、加藤周一・ほか(編集)、岩波書店日本近代思想大系 17〉、1989年6月22日。OCLC 21796237ISBN 4-00-230017-XISBN 978-4-00-230017-7
  • 西周『西周全集 第1巻(哲学篇)』大久保利謙 編、宗高書房、1960年。doi:10.11501/2973141ASIN B000JBFKKU
    • 西周「美妙学説」 pp. 477-492.

関連項目編集

外部リンク編集