グスタフ・キルヒホフ

ドイツの物理学者

グスタフ・ロベルト・キルヒホフGustav Robert Kirchhoff, 1824年3月12日 - 1887年10月17日)は、プロイセン(現在のロシアカリーニングラード州)生まれの物理学者。キルヒホフはドイツ語読みであり、英語読みではカーチョフとなる[1]電気回路におけるキルヒホッフの法則放射エネルギーについてのキルヒホッフの法則反応熱についてのキルヒホッフの法則は、どれも彼によってまとめられた法則である。

グスタフ・ロベルト・キルヒホフ
Gustav Robert Kirchhoff.jpg
Gustav Kirchhoff
生誕 (1824-03-12) 1824年3月12日
プロイセン王国の旗 プロイセン王国
ケーニヒスベルク
(現ロシアの旗 ロシアカリーニングラード
死没 1887年10月17日(1887-10-17)(63歳)
ドイツの旗 ドイツ帝国
プロイセン王国の旗 プロイセン王国
ベルリン
研究分野 物理学
研究機関 ブレスラウ大学
ハイデルベルク大学
ベルリン大学
出身校 ケーニヒスベルク大学
博士課程
指導教員
フランツ・エルンスト・ノイマン
博士課程
指導学生
en:Max Noether
en:Ernst Schröder
主な業績 キルヒホフの法則
キルヒホフの放射法則
主な受賞歴 ランフォード・メダル
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
分光器を使っているキルヒホフ

人物編集

グスタフ・キルヒホフは1824年、ケーニヒスベルク(現在のカリーニングラード)で生まれた。ケーニヒスベルクにあるケーニヒスベルク大学で学び、1850年ブレスラウ大学員外教授に就任した。

学生時代にオームの法則を拡張した電気法則を提唱。1849年に電気回路におけるキルヒホフの法則として纏め上げた。この法則は電気工学において広く応用されている。

1859年黒体放射におけるキルヒホフの放射法則を発見した。

ロベルト・ブンゼンとともに、分光学研究に取り組み、セシウムルビジウムを発見した。フラウンホーファーが発見した太陽スペクトルの暗線(フラウンホーファー線)がナトリウムのスペクトルと同じ位置に見られることを明らかにし、分光学的方法により太陽の構成元素を同定できることを示した。

このほか音響学弾性論に関しても研究を行った。

年表編集

出典編集

  1. ^ 喜安善市 著、鏑木信親 編 『デジタル通信をめざして 〈一伝送研究者の回想〉』八潮出版社、2007年4月1日、148頁。ISBN 978-4-89650-111-7 
  2. ^ "Kirchhoff; Gustav Robert (1824 - 1887)". Record (英語). The Royal Society. 2011年12月11日閲覧

関連項目編集