グラカン(Gerakan、マレー語名称 :“Parti Gerakan Rakyat Malaysia”、マレーシア人民運動党)は、1968年に設立されたマレーシア政党である[1]

目次

概説編集

統一マレー国民組織(UMNO)、マレーシア華人協会(MCA)、マレーシア・インド人会議(MIC)などと与党連合国民戦線を形成しているが、与党連合に参加したのが1969年5月13日事件以降であり、アジア地域のリベラル政党の国際ネットワークであるアジア・リベラル民主評議会(CALD)に加盟するなど、与党のなかでは比較的リベラルな政党とされている。主な支持基盤は華人中心に置くものの多民族政党を標榜しており、MCAが華人のみに門戸開放しているのとは違って、他の民族にも党員がいる(華人80%、インド系15%、その他マレー系)。前党首のリム・ケンヤクはエネルギー水通信大臣を務めた[2]

2008年総選挙では与党批判の中で大幅に議席を失い、2議席にとどまった。

歴代総裁編集

脚注編集

外部リンク編集