メインメニューを開く

グリフウィキ(: GlyphWiki)は、明朝体漢字字形情報を登録・管理し、自由に共有することを目的としたウィキシステムである[2]。一般的にフォントや個々の漢字グリフの管理は面倒だが、グリフウィキでは簡単に漢字グリフをデザインすることができ、漢字グリフ1つ1つを独立して管理できる。また、グリフを集めてフォントを作り、即座に公開することができる[3][4]。 登録されたグリフを用いて花園明朝の制作が行われている[5]

グリフウィキ
URL
http://glyphwiki.org/
分野 漢字グリフ
言語 日本語英語中国語朝鮮語
項目数 500,000以上
利用料 無料
運営者 上地 宏一[1]
管理人 上地 宏一[1]
現状 記事更新中
テンプレートを表示

脚注編集

出典編集

  1. ^ a b 利用者:kamichi”. GlyphWiki. 2018年9月18日閲覧。
  2. ^ GlyphWiki:グリフウィキについて”. GlyphWiki. 2017年7月23日閲覧。
  3. ^ 守岡 知彦「漢字字形データベースと文字オントロジーのデータ統合の可能性について (PDF) 」 『情報処理学会研究報告』2012-CH-94第8号、情報処理学会、2012年5月19日。
  4. ^ 上地 宏一「GlyphWiki 開放型フォント開発環境の構築に向けて (PDF) 」 『漢字文献情報処理研究』第7巻、漢字文献情報処理研究会、2006年10月、 12-17頁、 ISBN 4-87220-108-6
  5. ^ 上地 宏一「Webコラボレーションサービスを利用した大規模漢字集合フォントの制作 (PDF) 」 『情報処理学会研究報告』2011-CH-89第4号、情報処理学会、2011年1月15日。