メインメニューを開く

フォント: font) は、本来「同じサイズで、書体デザインの同じ活字の一揃い」を指す言葉だが、現在ではコンピュータ画面に表示したり、面に印刷書籍など)したりするために利用できるようにした書体データを意味している。金属活字の時代から書体の世界に関わっている者からは、データとしてのフォントはデジタルフォント (digital font) として区別して呼ばれることもある。

書体という言葉は、現在ではフォント(の使用ライセンス数)を数える単位としても用いられるが、ここでは分けて考えることとする。(書体参照)

目次

一般的なコンピュータ用フォントの分類編集

書体編集

 
ゴシック体 (右)と明朝体 (中)

フォントは特定の書体の文字を内包しており、書体にはサンセリフ体/ゴシック体セリフ体/明朝体スクリプト体教科書体など様々なものが存在する。実装する文字種の違いなどにより、一つの書体に対し複数のフォントが用意されていることもある (日本語向けと中国語向けなど)。

一つのフォントにおいても、異なる文字種の書体は統一されていない。例えばUnicodeの数学用英数字記号英語版では様々な書体の英数字記号が割り当てられており、これらは一つのフォントに含めることが可能となっている。

また、よく混植される複数の書体を一纏めにしてフォントファミリーにするということが行われている。欧文書体のフォントファミリーでは正体に加えて、ボールド体 (太字体)、イタリック体、ボールドイタリック体の用意されていることが多い。なお、日本語フォントでは明朝体とゴシック体のセットになっているが多いが、これらは別フォントファミリーとなっている。

サンセリフ体とセリフ体の中間はセミサン体やセミセリフ体と呼ばれる[1]。OpenTypeのOpenType Font Variations仕様を使って、サンセリフ体からセリフ体まで連続的に変形できるようにしたフォントも存在する (Foredayなど)[2]

等幅フォントとプロポーショナルフォント編集

 
プロポーショナル (可変幅)とモノスペース (等幅)

それぞれの文字の幅が統一されているフォントを等幅フォント、そうでないフォントをプロポーショナルフォントと呼ぶ。一般にプロポーショナルフォントの方が自然で読みやすいとされるが、初期のデジタルフォントでは技術的制約から等幅フォントが多用された。

OpenTypeフォントではフィーチャータグにより、全角字形 (fwidタグ)、半角字形 (hwidタグ)、プロポーショナル字形 (pwidタグ等) の切り替えが可能となっている。また、文字詰めもタグによって可能となっている (横組用のpaltタグ、縦組用のvpalタグ)。WebページではCSSのfont-feature-settingsプロパティにそれらタグを指定することで等幅とプロポーショナルの切り替えが可能となっている[3]

一部のTrueTypeフォントファミリーでは等幅フォントとプロポーショナルフォントが別々に提供されている。一部のフォントファミリーは等幅フォントの名前が無印となっており、プロポーショナルフォントの名前にPが入っている (等幅の「MS ゴシック」、プロポーショナルの「MS Pゴシック」など)。一部のフォントファミリーは等幅フォントの名前に「等幅」が入っており、プロポーショナルフォントの名前が無印となっている (等幅の「ヒラギノ角ゴ3等幅」、プロポーショナルの「ヒラギノ角ゴ3」など)。

長体・平体フォント編集

 
横軸は正体とブラック体 (極太字体)、縦軸はコンデンス体 (長体)と正体とエクステンド体 (平体)

コンデンス体 (長体、堅形[4]) はスペースの少ない箇所で多く使われており、また、エクステンド体 (平体、平形[4]) は新聞の本文用に使われていた。活版印刷では専用の活字が用意されており[4]写植ではレンズにより変形処理が行われ、ワードプロセッサではデジタル処理により縦倍角化・横倍角化が行われていた。その後、長体や平体に最適化したフォントも登場している (前者はAXIS Fontコンデンス/コンプレス、UD新ゴ コンデンス、UD角ゴC、TPスカイ コンデンス/コンプレスなど、後者は各種新聞書体のフォントなど)。

OpenTypeフォントではフィーチャータグにより、全角字形 (fwidタグ)、半角字形 (hwidタグ)、1/3角字形 (twidタグ)、1/4角字形 (qwid)の切り替えが可能となっている[3]ものの、対応文字種は少ない。

また、OpenTypeにはOpenType Font Variationsという仕様も存在し、wdth軸タグを使って幅を連続的に変えられるようにできる[5][6]

縦組用・横組用フォント編集

フォントにより縦組横組両用向け、縦組向け、横組向けが存在する。

Adobe-Japan1対応のOpenTypeフォント[7]は横組用・縦組用の両方のグリフを含んでいる。また、OpenTypeには横組用かなのhknaタグと縦組用かなのvknaタグが存在し、一部フォントは縦組用かなと横組用かなの両方を含んでいる。

縦組用と横組用で別のフォントとなっている書体も存在する (游教科書体など)。

多言語フォント編集

多言語のテキストを表示・印刷する場合、異なる書体の混植が行われてきた。また、フォントエンジンには、フォントに欠けているグリフを別のフォントで補うフォントフォールバック機能やフォントリンク機能[8]が搭載されているものもある。

近年は多言語に対応するフォントファミリーも登場している (UD新ゴ/Clarimo UD、ヒラギノ角ゴ、金剛黒体、たづがね角ゴシック/M XiangHe Hei/Seol Sans/Neue Frutiger World源ノ角ゴシック源ノ明朝Droid Sansなど)。

OpenTypeフォントではloclタグによって同じコードポイントでの言語毎に異なるグリフを一つのフォントへと詰め込むことが可能となっており、これにより漢字の日本字形、中国字形、台湾字形、香港字形、韓国字形、マカオ字形の全てに対応することができるものの、対応アプリケーションはまだ少ない (「Source LOCL Test」[9]、「花園明朝・AFDKO版」がこれを採用している)。そのため、Adobeはフォント共通のデータを共有してファイルサイズを小さくしたフォントコレクション形式のSuper OTCで多言語フォントのSource Han Sans/Serifを提供している[10]

ウェイト (太字フォント・細字フォント)編集

フォントには細字から太字まで様々なウェイトのフォントが存在し、フォントファミリーによっては一つの書体に対し複数のウェイトのフォントが用意されている。

数値表記 ISO/IEC 9541-1のウェイト名[n 1] OpenTypeのOS/2テーブルのウェイト名 (ISO/IEC 14496-22)[n 2] Apple CSS
Ultra Light[11] ?
W1 Ultra light (極細、UL) Thin[12] Thin[11] font-weight: 100;[12]
W2 Extra light (特細、EL) Extra Light (Ultra Light)[12] Light、Extra Light[11] font-weight: 200;[12]
W3 Light (細、L) Light[12] Book[11] font-weight: 300;[12]
W4 Semi light (中細、SL) Normal[12] (Regular) Regular、Plain、Display、Roman[11] font-weight: 400;又はfont-weight: normal;[12]
W5 Medium (中、M) Medium[12] Medium[11] font-weight: 500;[12]
Demi、Demi Bold[11] ?
W6 Semi bold (中太、SB) Semi Bold (Demi Bold)[12] Semi、Semi Bold[11] font-weight: 600;[12]
W7 Bold (太、B) Bold[12] Bold[11] font-weight: 700;又はfont-weight: bold;[12]
W8 Extra bold (特太、EB) Extra Bold (Ultra Bold)[12] Extra、Extra Bold[11] font-weight: 800;[12]
Heavy、Heavy Face[11] ?
W9 Ultra bold (極太、UB) Black (Heavy)[12] Black、Super[11] font-weight: 900;[12]
Ultra、Ultra Black、Fat[11] ?
Extra Black、Obese、Nord[11] ?
  1. ^ 対応するJIS規格はJIS X 4161。日本語のウェイト名はJIS TR X 0003:2000より。
  2. ^ CSS規格にも一般的なウェイト名として記載されている

Windowsの一部の実装系はOS/2テーブルのウェイト名に加えて、Extra Black (Ultra Black、font-weight: 950;)を実装している[13]。なお、OpenTypeのPCLストロークウェイトでは-7 (Ultra Thin)から7 (Ultra Black)まで存在するものの、広く使われてはいない。

また、OpenTypeにはOpenType Font Variationsという仕様も存在し、wght軸タグを使ってウェイトを連続的に変えられるようにできる[5][6]

斜体フォント編集

斜体にはイタリック体とオブリーク体が存在し、欧文で良く使われている。また、日本語でも広告などに使われることがある。

OpenTypeにはOpenType Font Variationsという仕様が存在し、slnt軸タグを使って傾斜角度を連続的に変えられるようにできる[5][6]

データ形式による分類編集

ビットマップフォント編集

 
ビットマップフォントの例

ドットの組み合わせで文字を表現したフォントで、コンピュータの初期には、容量の節減および描画速度の確保のためビットマップフォントを利用した。日本語文字においては、当時はフォントを全て記憶するには記憶容量 (RAM) が少なかった上に、かといって逐次必要なフォントをフロッピーディスクドライブから読み出すのも速度的に問題があるので、漢字ROMにビットマップフォントを格納して運用されることが多かった。現在でも、スケーラブルフォントからビットマップフォントを生成するとき、文字が小さいと線間の調整ができずに潰れて読めなくなってしまうことが多いために、小さな文字ではビットマップフォントが使われることもある[14]が、フォントヒンティングで対応することもある。

8ドットサイズの英字、カタカナ文字が利用できるフォント。400ラインのディスプレイの普及や、漢字が扱えるようになり、16ドットサイズのフォントがコンピュータに搭載されるようになった。印刷では、ワープロ(専用機)を中心に一部で24ドット、48ドットなどのフォントも利用され始め、データサイズの増大からスケーラブルフォントへ移行していった。

スケーラブルフォント編集

線の位置や形、長さなどで文字の形を作るため、拡大縮小しても、ビットマップフォントのように字形に影響がない。そのためスケーラブル、拡縮自由などと冠される。拡縮自由なフォントとしては、ストロークフォントやアウトラインフォントがある。

ストロークフォント編集

文字の形状を、中心線だけの情報で保持するフォント形式。線の太さなどは扱わないためデータ量は軽く、かつ出力デバイスの解像度に依存しない。CADシステムやプロッタなどで使用される。なお、「ストロークフォント」という言葉は、文字をストロークごとに分解して管理する作成・生成・管理システム(それをフォントプログラムとして実装した例としてはダイナコムのストロークベーステクノロジなど)や、派生した形式(一つの骨格からファミリーを生成する技術など)を指すこともある。アルファブレンドの三次ベジェ曲線で構成され筆順を持つストロークフォントはASPで利用可能である。

アウトラインフォント(袋文字)編集

文字の輪郭線の形状を、関数曲線の情報として持つフォント形式[15]。実際に画面や紙に出力する際には、解像度に合わせてビットマップ状に塗り潰すラスタライズが必要になる。

日本ではワープロDTPを中心にアウトラインフォントの利用が普及し、WYSIWYGが普及したために、コンピュータ画面でもスケーラブルラインフォントの利用が広がった。(当初のDTPは、プリントアウトにはアウトラインフォントを使い、画面表示にはビットマップフォントを使用するワークフローが基本だった)

ファイル形式(または利用できるシステム)による分類編集

フォントコレクション形式編集

  • TrueType Collection (TTC) / OpenType Collection (OTC)
    前者は複数のTrueTypeフォントを、後者は複数のOpenTypeフォントを一つにまとめたフォントコレクション形式。コレクション内のフォント間のグリフを共有することも可能となっている。ただしOTCは対応OSが限られる。

アウトライン形式編集

ビットマップの埋め込みができる形式も多い。

  • TrueTypeフォント (TTF)
    WindowsMacintosh共通で利用できることを想定したフォント。LinuxおよびFreeBSDでも利用可能。macOSでも、そのままWindows用TrueTypeを扱うことができる。2次Bスプライン曲線で字形を制御する。ビットマップフォントを内蔵できる。TrueTypeフォントをPostScriptプリンタで処理するための形式をType42という。
    • TrueType GX
      QuickDraw GX英語版向けのフォント形式であった。フォントバリエーションのための仕様を含んでいた[5]
  • PostScriptフォント
    Macintoshで普及し使われるフォントで、三次ベジェ曲線で字形を制御する。
    • Type1フォント
      1バイト言語用のフォントで、256文字まで格納できる。
      一般にType1と呼ばれていても、実際にはType3や5のものなどがあるので注意が必要。詳しくはPostScriptフォントを参照。
    • OCFフォント
      2バイト言語用のフォントで、Type1フォントを多数積み重ねた構造をしている。PostScriptのタイプ別でいうと、Type0(Type1や3を組み合わせた形式)に当たる。
    • CIDフォント
      OCFフォントを改良し、CIDコードとCマップなど、2バイト言語用に簡素化した構造を採用したフォント。異体字切り替え機能を有する。一部仕様が変わった拡張CID (sfntCID) という規格もあり、モリサワのNewCIDフォントはこれに当たる。PostScriptのタイプ別でいうと、Type9に当たるものが多い。(TrueTypeベースのCIDフォントなどは例外)
  • OpenTypeフォント
    Windows、Macintoshでの互換性を実現したフォントで、TrueType (OpenType/TTF)とPostScript (OpenType/CFF)の2つの形式を持つ。CIDよりも強力な異体字切り替え機能や、フォントレベルでのダイナミックダウンロード対応(= プリンタフォントが不要)などが特徴。PostScriptのタイプ別でいうと、Type2(データサイズを抑えることのできる形式)に当たる。
    OpenType形式はOFF (Open Font Format) としてISOで標準化されている (ISO/IEC 14496-22:2019)。
    • EOT (Embedded OpenType) フォント
      無圧縮のEOT Liteと圧縮版のEOT compressedが存在する。Microsoftがウェブフォントとして採用しており、W3Cで仕様が公開されている[1]
  • METAFONT
  • WIFEフォント
    Windows上で日本語などの2バイトフォントを扱うための機構の1つである、WIFE (Windows Intelligent Font Environment) の仕様に基づいて作られたフォント。Windowsにはラスタライザは付属せず、サードパーティー各社から発売されたラスタライザを入手する必要があった。また、各ラスタライザ間の互換性はなく、それぞれのラスタライザに対応するフォントしか使用できなかった。Windows 3.0時代に普及したが、Windows 3.1で標準装備されたTrueTypeの普及などにより、次第に利用されなくなった。
  • 書体倶楽部形式
  • Web Open Font Format英語版 (WOFF)
    多くのブラウザで使われているWebフォント形式。
  • SFD (Spline Font Database File Format)
    FontForgeで使われるフォントの保存形式。全てがASCIIで表現されるためサイズは大きいが、diffを取りやすいなどの理由により開発に使われることが多い。
  • SVGフォント
    SVGではフォントを定義することができ、そのフォントをSVGフォントと呼ぶ。しかしながら、仕様にはシステムフォントへの変換はしてはならないとある。
  • ベンダー独自
    写研CフォントモリサワのKeiTypeなどのベンダーで閉じた独自形式のものが存在する。

ストローク形式編集

ビットマップ形式編集

  • BDF
    UNIXで標準的に使用されたビットマップフォント用の形式。
  • 丸漢フォント
    Macintoshで標準的に使用されたビットマップフォント用の形式。
  • SNF (Server Natural Format)
  • PCF (Portable Compiled Format)
  • HBF (Hanzi Bitmap Font)

フォントが持つデータ構造編集

グリフデータ編集

組版のためのデータ編集

法的保護編集

最高裁判所判例
事件名 著作権侵害差止等請求本訴、同反訴事件
事件番号 平成10(受)332
平成12年09月07日
判例集 民集 第54巻7号2481頁
裁判要旨
印刷用書体が著作権法二条一項一号にいう著作物に該当するためには、従来の印刷用書体に比して顕著な特徴を有するといった独創性及びそれ自体が美術鑑賞の対象となり得る美的特性を備えていなければならない。
最高裁判所第一小法廷
裁判長 井嶋一友
陪席裁判官 遠藤光男 藤井正雄 大出峻郎 町田顯
意見
意見 全員一致
参照法条
テンプレートを表示

一 著作権法二条一項一号は、「思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」を著作物と定めるところ、印刷用書体がここにいう著作物に該当するというためには、それが従来の印刷用書体に比して顕著な特徴を有するといった独創性を備えることが必要であり、かつ、それ自体が美術鑑賞の対象となり得る美的特性を備えていなければならないと解するのが相当である。この点につき、印刷用書体について右の独創性を緩和し、又は実用的機能の観点から見た美しさがあれば足りるとすると、この印刷用書体を用いた小説、論文等の印刷物を出版するためには印刷用書体の著作者の氏名の表示及び著作権者の許諾が必要となり、これを複製する際にも著作権者の許諾が必要となり、既存の印刷用書体に依拠して類似の印刷用書体を制作し又はこれを改良することができなくなるなどのおそれがあり(著作権法一九条ないし二一条、二七条)、著作物の公正な利用に留意しつつ、著作者の権利の保護を図り、もって文化の発展に寄与しようとする著作権法の目的に反することになる。また、印刷用書体は、文字の有する情報伝達機能を発揮する必要があるために、必然的にその形態には一定の制約を受けるものであるところ、これが一般的に著作物として保護されるものとすると、著作権の成立に審査及び登録を要せず、著作権の対外的な表示も要求しない我が国の著作権制度の下においては、わずかな差異を有する無数の印刷用書体について著作権が成立することとなり、権利関係が複雑となり、混乱を招くことが予想される。

民集 第54巻7号2481頁



ユニバーサルデザイン編集

 
一般ゴシックフォント(新ゴ M)とUDゴシックフォント(UD新ゴ M)の比較(水色の数字は「8」)。

ユニバーサルデザインフォント(UDフォント)とは、誰にでも読みやすいようなデザインのフォントのことである。例えば数字の「6」、「9」や「8」、「3」はフォントによっては非常に判別がしづらい。このような読みづらい文字を判別しやすいようにしたのがユニバーサルフォントである[17][18]

UD書体にはゴシック体・明朝体だけでなく教科書体のものも登場している。

学参フォント編集

学参フォントとは、文部科学省の「学習指導要領」が定める、「代表的な字形」に準拠したフォントのことである。既存の書体(ゴシック体、明朝体など)をベースに制作されるフォントで、主に、文字の学習段階である小学生向けの教科書などに使用される。また最近では、年齢層に関係ないものでも使用される例がある(テレビや新聞の広告、注意書きなど)。また、教科書体においても、デザインを重視し、代表字形との差異があるものについては、学参フォントが使用されているものがある。

代表的な学参フォントとそのメーカー編集

  • モリサワ…新ゴ、太ゴB101、中ゴシックBBB、新丸ゴ、じゅん、リュウミン、教科書ICA、ネオツデイ、アンチックAN(「新ゴ」と「新丸ゴ」と「教科書ICA」には、かなのみの製品がある。また、「ネオツデイ」と「アンチックAN」は、かなのみで、他書体の漢字と合わせて使う「かな書体」であるため、漢字はない。)
    • モリサワは、学参フォント製品の代表的なメーカーである。
  • フォントワークス…学参丸ゴ(この書体は、フォントワークスの会員制サービスである「LETS」で提供されている。)
  • ダイナコムウェア…DF教科書体R(「学参フォント」との記載はないが、学参フォントとしての位置付けにいる。)
  • イワタ…イワタ教科書体、イワタ明朝体、イワタゴシック体、イワタ丸ゴシック体、イワタ新ゴシック体(便宜上、「細」「中太」など、太さに関する表記は省略した。)
  • モトヤ…モトヤKJ学参ゴシック、モトヤKJ学参明朝
  • タイプバンク…TBUD学参丸ゴシック(この書体は前述の「UDフォント」でもある。)

代表的なフォントベンダー編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集