グルノーブル原子力研究センター

座標: 北緯45度12分04秒 東経5度42分06秒 / 北緯45.201045度 東経5.70154度 / 45.201045; 5.70154 グルノーブル原子力センターフランス語Centre d'études nucléaires de Grenoble略称CENG)は、フランス共和国イゼール県グルノーブルに所在する原子力研究施設。ノーベル物理学賞受賞者でもあるルイ・ネールの主導で1956年に設立された。原子力庁傘下のセンターのひとつであり、グルノーブル市の北部一帯に設けられている科学研究団地(fr:Polygone scientifique)の一角にある。2006年に現在の名称に改名されている。研究用の原子炉メリュジーヌ(Melusine)、シロエ(Siloé)およびシロエット(Siloette)が解体されて以降、施設では核研究は行われなくなった。現在のセンターはその多くの能力をエネルギー、健康、情報通信の分野で新技術開発に投入している。

特に1983年以降、敷地は電子情報技術研究所(LETI)に局限されている。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集