グレプ・ロスチスラヴィチ (スモレンスク公)

グレプ・ロスチスラヴィチロシア語: Глеб Ростиславич、? - 1278年)は、スモレンスク公(在位:1240年以降 - 1278年)。スモレンスク公ロスチスラフの子。一説によればオーヴルチ公ウラジーミルの孫ということになる[1]

グレプ・ロスチスラヴィチ
Глеб Ростиславич
スモレンスク公
在位 1240年以降 - 1278年

死去 1278年
子女 アレクサンドル
ロマン
スヴャトスラフ
フセヴォロド
家名 リューリク家
父親 キエフ大公ロスチスラフ3世
テンプレートを表示

概要編集

グレプについて知られるところは少ない。おそらく、フセヴォロドの死後にスモレンスク公国を得たと考えられている。1270年ウラジーミル大公ヤロスラフと共にノヴゴロド公国を攻めた。

1274年ジョチ・ウルスハンモンケ=テムルが、スモレンスクを通過してリトアニア大公国へ向かう遠征軍を組織すると、グレプは遠征への参加を決めた。そしてリトアニア領ナヴァフルダクへ到着した後、どういう理由か、命令によってガーリチ公レフの元へ向かっている。

グレプの統治期の1275年、スモレンスク公国で、ジョチ・ウルスによる最初の人口調査が行われた[2]1278年に死去し、弟のミハイルが後を継いだ。

妻子編集

妻の名は不明である。子には以下の人物がいる。

出典編集

  1. ^ Л.Войтович КНЯЗІВСЬКІ ДИНАСТІЇ CXIДНОЇ ЄВРОПИ
  2. ^ Вернадский Г. В. Монголы и Русь
  3. ^ Кузьмин А. В. Фамилии, потерявшие княжеский титул в XIV — 1-й трети XV в. (Ч. 1: Всеволож Заболоцкие, Волынские, Липятины) // Герменевтика древнерусской литературы. Выпуск 11. — М.: Языки славянской культуры; Прогресс-традиция, 2004. — С. 712—713.
先代:
フセヴォロド
スモレンスク公
1249年 - 1278年
次代:
ミハイル