グレート・ウェスタン鉄道2600形蒸気機関車

グレート・ウェスタン鉄道2600形蒸気機関車(2600 Class)はイギリスのグレート・ウェスタン鉄道(GWR)が製造したテンダー式蒸気機関車の1形式である。軸配置は(2-6-0)。

GWR 2600 'Aberdare' 形蒸気機関車
2-6-0 GWR Aberdare Official Photo.jpg
基本情報
運用者 グレート・ウェスタン鉄道
イギリス国鉄
設計者 ウィリアム・スタニア
製造所 LMS クルー、ダービー、ホーウィック工場
バルカン・ファウンドリー
アームストロング・ホイットワース
製造年 1934年 - 1951年
製造数 842両
運用終了 1968年
主要諸元
軸配置 4-6-0(2C)
軌間 1,435 mm
機関車重量 73.2 t
動輪径 1,829 mm
シリンダ数 2気筒
シリンダ
(直径×行程)
470 mm × 711 mm
弁装置 ワルシャート式(一部除く)
ボイラー圧力 1.55 MPa
引張力 113 kN
テンプレートを表示

各車の固有名から、アバーディア級 (Aberdare Class) と通称される。貨物用機関車で1900年から1907年の間に建造され、アバデアとスウィンドン間の石炭列車の運搬に使用された。

概要編集

このクラスは1900年にプロトタイプ番号33で始まり、1912年に2600に番号が付け直されました。残りは2601-2680に番号が付けられ、1901年から1907年の間に建設されました。

イギリス国鉄編集

イギリス国鉄には1948年に2612/20/3/43/51/5/6/62/5/7/9/80の機関車を所有した。1948年8月31日までに、4代だけが残った。2620、2651、2655、2667。

廃車編集

彼らは1934年以降廃車された。いくつかは第二次世界大戦のために猶予されましたが、すべては1949年までに廃車され、どれも保存のために生き残っていません。

参考文献編集