メインメニューを開く

グレート・フィッシュ川(Great Fish River)は、南アフリカ共和国東ケープ州を流れる河川。フィッシュ川とも呼ばれる。全長730㎞。古くよりバントゥー黒人の居住域の南限となっており、白人進出後は両勢力の境界となった。

グレート・フィッシュ川
River
Visrivier.jpg
Dubbeldrift自然保護区の中を流れるグレート・フィッシュ川
南アフリカ共和国
地域 東ケープ州
合流地 インド洋
 - 所在地 東ケープ州シーフィールド付近
 - 標高 0m (0ft)
長さ 730km (454mi)
流域 30,366 km² (11,724 sq mi)
Location of the Great Fish River mouth

グレート・フィッシュ川はグラーフ=ライネの東に端を発して南へと流れ、クラドックを通り、クックハウスの南で大きく東へ蛇行してグラハムズタウンの北東8kmを通過し、シーフィールド付近でインド洋へと注ぐ。

グレート・フィッシュ川の河道は降水量500㎜ラインとほぼ一致しており[1]、このため北から急速に進出してきた農耕を基盤とするバントゥー系民族の黒人は栽培作物がここ以南では生育せず、そのためこの川以南に進出することができなかった。グレート・フィッシュ川の北岸にはバントゥー系諸民族のうち最南端に居住するコーサ人が勢力を張り、南岸は牧畜を中心とするコイコイ人が勢力範囲としていた。やがて18世紀に入るとケープタウンから東進してきたボーア人がコイコイ人を駆逐しながらフィッシュ川に到達するが、牧畜や狩猟中心だったコイコイ人とは違い、フィッシュ川以北のコーサ人は強力な王国を築いており、ボーア人もこれ以上の北進はできなかった。1770年代には両勢力間の最初の戦争がはじまり、1811年には西岸に進出していたコーサ人がイギリス軍によって東へ追いやられた[2]

出典編集

  1. ^ レナード・トンプソン著、宮本 正興・峯 陽一・吉国 恒雄訳、1995、『南アフリカの歴史』p44、明石書店 ISBN 4750306991
  2. ^ 峯陽一「南アフリカ 虹の国への歩み」第1刷、1996年11月20日(岩波書店)p73