メインメニューを開く

ケアラケヘ高校(けあらけへこうこう、英語: Kealakehe High School)はアメリカ合衆国ハワイ州ハワイ島コナ地区に2つある公立高校(9年~12年)のひとつで、1921年に創立された歴史あるコナワエナ高校に対して、1997年に創立された新しい高校である。

Kealakehe High School
ケアラケヘ高等学校
高校キャンパスへの入り口
国公私立の別 公立学校
設置者 ハワイ州教育省
設立年月日 1997年
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
所在地 96740
74-5000 Puohulihuli Street, Kailua Kona, HI 96740
北緯19度40分13秒西経155度59分53秒
外部リンク Kealakehe High School Home Page
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
フアラライ山の山麓にケアラケヘ高校校舎が見える

概要編集

ケアラケヘ高校は1997年に、これまであった歴史あるコナワエナ高校のずっと北に設置されて、現在の地区別では北コナ地区にケアラケヘ高校が、南コナ地区にコナワエナ高校があるようになっている。坂を下ると、ホノコハウ港カロコホノコハウ国立歴史公園がある場所である。「ケアラケヘ」はハワイ語で「折れ曲がった道」を意味する。

創立当初は生徒数407名(9年生のみ)であったが、現在は1600名である(9~12年生、2016年)。学区は、北コナ地区のホルアロア、カイルア・コナから、南コハラ地区のワイコロア、プアコまでのハワイ州で最も広い地域をカバーしている。 [1] 創立以来、Wilfred Murakami先生が校長を務めている。

ケアラケヘ高校の比較的近くにはケアラケヘ小学校・中学校(Kealakehe Elementary and Intermediate Schools)もある地域にある。少し北にはハワイ・コミュニティーカレッジもある。

市民プログラム編集

学生全員は毎朝「市民プログラム」(Citizenship Program)と称する時間を過ごし、アメリカ市民としての義務・権利、世界の様子などを学生同士が学んでいる。

上級市民プログラム編集

「上級市民プログラム」(Advanced Global Citizenship Program)として様々な学びもあるが、Model United NationsとRoboticsをJustin Brown先生の指導で行っているのが特徴といわれる。

モデル国連編集

「モデル国連」(Model United Nations)は2010年に始まっており、国際交流について学べるようになっている。 [2]

ケアラケヘ・ロボット技術編集

ロボット技術を学び、応用する「Tiki Tech チーム3880」があり、島内、州内、全米、国際試合に参加している。 [3] 

交通編集

住所は

    74-5000 Puohulihuli Street, Kailua Kona, HI 96740

で、交通はハワイ州道19号線で Kealakeke Parkwayへ入り、Ane Keohokalole Highway(ホノコハウ港~West Hawaii Civic Center)で右折して、Puohulihuli Streetへ入ったところにある。

脚注編集

外部リンク編集