ケヴィン・ヴォランズ[1]Kevin Volans1949年7月6日 - )は、南アフリカ共和国ピーターマリッツバーグ出身の現代音楽作曲家ポストミニマリズムに関係した作風を採る。

ケヴィン・ヴォランズ
Kevin Volans
ケヴィン・ヴォランズ
基本情報
生誕 (1949-07-26) 1949年7月26日(74歳)
出身地 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 ピーターマリッツバーグ
ジャンル 現代音楽クラシック
職業 作曲家、ピアニスト、音楽学者、ミュージシャン
担当楽器 ピアノ
公式サイト kevinvolans.com
ケヴィン・ヴォランズ(2015年)

1972年ヨハネスブルグのウィトワーテルスラント大学を卒業後、アバディーン大学修士号を取得。1973年から1981年までケルンに住み、同地の高等音楽学校でカールハインツ・シュトックハウゼンに師事。その後はシュトックハウゼンの講義で助手を務める。

この間に、同世代のヴァルター・ツィマーマンクラレンス・バーロウと並んで、「新しい単純性」と呼ばれる音楽運動に関係し、後にポストミニマリズムの作曲家に影響を与えることになる。この運動は、1970年代半ばのドイツ現代音楽界に見られた、複雑怪異で大げさな音楽への反動であり、明らかに深い影響力を及ぼした。

1979年に何度かフィールドワークでの記録旅行を行なった後、アフリカ的な構成技法を用いた作曲に取り掛かる。このような特徴によって、ヴォランズは、当時のヨーロッパの現代音楽界において、最も個性的な作曲家になることができた。「マテペ (Matepe)」や初稿の「ホワイトマン・スリープス(白人は寝ている) (White Man Sleeps)」は、(アフリカ的な音律をとる)チェンバロヴィオラ・ダ・ガンバのような古楽器を利用している。1980年代末から1990年代初めの作品は、アフリカ民族音楽の直截な影響力から離れつつあり、衝撃的な2台ピアノのための作品「蝉 (Cicada)」に認められるように、すこぶる独創的なミニマリズム音楽という結果を産んだ。

ヴォランズは、クロノス・クァルテットに数曲を提供しており、わけても「ホワイトマン・スリープス」、「ハンティング - ギャザリング」、弦楽四重奏曲第8番「ブラックウーマン・ライジング」が有名である。これまで唯一のオペラ「風の靴を履いた男 (The Man with Footsoles of Wind)」は、1993年ロンドンで初演された。ほかにピアノ協奏曲チェロ協奏曲も作曲している。

脚注

編集
  1. ^ ケヴィン・ヴォラン」の表記もある。

外部リンク

編集