メインメニューを開く
ゲオルク・フランツ・ホフマン

ゲオルク・フランツ・ホフマン(Georg Franz Hoffmann, 1760年1月13日 - 1826年3月17日)はドイツ植物学者。地衣類菌類の研究を行った。

経歴編集

神聖ローマ帝国バイエルン選帝侯領(現バイエルン州)のマルクトブライトに生まれた。1779年からヘルボルンのアカデミーやエアランゲン大学医学を学び、1786年に博士号を得た。1789年にエアランゲン大学の医学の教授となり、1792年にゲッティンゲン大学の医学と植物学の教授に任じられた。ゲッティンゲン大学では植物園の園長も務めた。この頃、植物学にも関心を持っていたヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテを何度か訪れている。しかし、ホフマンの植物学の知識に対し疑念を抱いていた、同じくドイツの植物学者のヨハネス・フリュッゲ (Johannes Flügge) からは長年にわたって批判され、これがもとで最終的にゲッティンゲン大学の職を辞し、1804年にモスクワ大学で植物学の教授となった。1815年にドイツ自然科学アカデミー・レオポルディーナの会員に選ばれた。モスクワにて没した。

地衣類や菌類の図鑑も著し、ウキゴケ科のコケ類やオオミコブタケ (Kretzschmaria deusta) などの菌類の新種を記載した。アカネ科の属名、Hoffmannia献名されている。

著作の一部編集

  • Mémoires sur l'utilité de Lichens(Pierre J. Amoreux, Pierre Rémi François de Paul Willemetと共著)Lyon 1785.
  • Historia salicum iconibus illustrata. Lipsia 1785.
  • Historia salicum. Leipzig 1785 (Digitalisat).
  • Abbildungen der Schwämme. 2 Bände, Berlin 1790.
  • Hortus Gottingensis, quem proponit simulque orationem inchoandae professioni sacram indicit. Göttingen 1793.
  • Compendium Florae Britannicaeジェームズ・エドワード・スミスと共著)Erlanga 1801.
  • Vegetabilia in hercyniae subterraneis collecta iconibus descriptionibus et observationibus illustrata. Frauenholz, Norimbergae 1811.
  • Genera plantarum umbelliferarum. Mosqua 1816.

参考文献編集

  • Renate Grumach (Hg.): Goethe: Begegnungen und Gespräche, Band V 1800-1805, Berlin-New York 1985
  • Gerhard Wagenitz: Goethe und die Botanik. In: Elmar Mittler et al. (Hg.): Der gute Kopf leuchtet überall hervor – Goethe, Göttingen und die Wissenschaft. Katalog zur Ausstellung 6. Juni bis 29. August 1999 in der Paulinerkirche, S. 175–179, Göttingen 1999
  • Jan-Peter Frahm, Jens Eggers: Lexikon deutschsprachiger Bryologen. Zeitschrift zur Moosforschung in Deutschland. Ergänzungsband. Bonn J.-P. Frahm, c/o Botanisches Inst. der Univ. Bonn 2005, ISBN 978-3-8311-0986-9