メインメニューを開く

アカネ科 (Rubiaceae) はリンドウ目に属する被子植物の一つ。アカネなどを含む。クロンキスト体系ではアカネ目に分類されていた。

アカネ科
アカネ
アカネRubia argyi
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク上群 superasterids
階級なし : キク類 asterids
階級なし : asterids I
: リンドウ目 Gentiales
: アカネ科 Rubiaceae
学名
Rubiaceae
Juss. (1789)
下位分類(属)
  • 本文参照

目次

特徴編集

草本または低木で、熱帯に特に多いが温帯にも草本がある。約60010,000以上を含む大きな分類群である。は単葉で対生か(見かけ上)輪生。托葉があり、アカネ属やヤエムグラ属では葉と同じ形になるため輪生に見える。合弁花で5裂するもののほか4裂するものも多い。ほとんどの場合子房下位であり、それと関連して早くから合弁花が形成されるのがほかのリンドウ目と異なる点である[1]。基本的には両性花であるが、コプロスマ属Coprosma)・ヤマトグサ属Galopina属のように花が縮小し同科としては異例の風媒花を発達させた属も存在する[2]カフェインを含むコーヒーノキなど、アルカロイドを含む種が多い。

主な種編集

 
コケサンゴ(アカネ亜科、Anthospermeae)
 
コプロスマ・カーキー(アカネ亜科、Anthospermeae)
 
クルマバソウ(アカネ亜科アカネ連
 
バーチェリア・ブバリナ(キナノキ亜科クチナシ連?)

代表的な種には次のようなものがある。

主な分類群編集

 
コプロスマ・レペンス(アカネ亜科、Anthospermeae)
 
プトリア・カラブリカ(アカネ亜科、Putorieae)
 
ヤマトグサ(アカネ亜科、Theligoneae)
 
ホソバクダタマ(アカネ亜科、Palicoureeae)
 
ベニマツリ(キナノキ亜科、Rondeletieae)
 
カダム(キナノキ亜科タニワタリノキ連
 
キナモドキ(キナノキ亜科、Hymenodictyeae)
 
Calycophyllum candidissimum(通称: レモンウッド; キナノキ亜科、Condamineeae)
 
アカキナノキ(キナノキ亜科キナノキ連
 
スルマル(キナノキ亜科、Jackieae)
 
コバミサオノキ(キナノキ亜科、Vanguerieae)
 
ミズバヒルギ(キナノキ亜科、Scyphiphoreae)
 
ベニデマリ(キナノキ亜科サンタンカ連
 
アルベルタ・マグナ(キナノキ亜科、Alberteae)
 
アカミズキ(キナノキ亜科、Augusteae)
 
ハリザクロ(キナノキ亜科クチナシ連
 
アラビカコーヒーノキ(キナノキ亜科、Coffeeae)
 
カフェマロン(キナノキ亜科、Octotropideae)
 
コブハテマリ(キナノキ亜科、Pavetteae)
 
Oxyanthus sp.(O. speciosusO. tubiflorus; キナノキ亜科、Sherbournieae)

新エングラー体系で独立の科とされていたヘンリクェジア科(Henriqueziaceae)はクロンキスト体系以降でアカネ科とされている。またAPG植物分類体系ではディアリペタラントゥス科Dialypetalanthaceae)とヤマトグサ科もアカネ科に含められている。以下に主な亜科・属を示す。分類は Stevens (2001-)、シノニムに関しては Govaerts (2019) による。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ a b c Stevens (2001-) はこの属をフタバムグラ属Hedyotis)のシノニム扱いとしている。
  2. ^ 山崎 (1981) や近田 (2003) ではオオフタバムグラDiodia teres としてここに置かれており「オオフタバムグラ属」の和名が与えられていた。しかし Govaerts (2019) は Hexasepalum teres を正名としている。
  3. ^ Stevens (2001-) はこの属をOldenlandia属のシノニム扱いとしている。
  4. ^ 邑田・米倉 (2012) ではソナレムグラHedyotis strigulosa var. coreana とされており、この属には「ソナレムグラ属」という和名があてられていた。
  5. ^ 邑田・米倉 (2012:256) はこれに「フタバムグラ属」の和名をあてている。
  6. ^ 山崎 (1981) ではツルアリドオシ属Mitchella)がここに置かれており、「ツルアリドオシ連」の和名が与えられていたが、Stevens (2001-) はツルアリドオシ属を Mitchelleae という連に置いている。
  7. ^ 山崎 (1981) ではクルマバソウAsperula odorata としてここに置かれており、「クルマバソウ属」の和名が与えられていた。しかし Govaerts (2019) はガリウム・オドラツムGalium odoratum)を正名としている。
  8. ^ 牧野 (1940:109) はこれを「やへむぐら」の学名としているが、Govaerts (2019) は Galium aparineG. spurium の間にシノニムの関係性を認めていない。
  9. ^ a b Stevens (2001-) はボチョウジ属Psychotria)のシノニム扱いとしている。
  10. ^ この和名の初出は金平 (1933:368) の「おほつるはながさ」である。
  11. ^ この和名の初出は金平 (1933:359) の「くろばかづら」である。
  12. ^ 金平 (1933:353) では「ぎよくしんくわもどき」と表記されている。
  13. ^ 金平 (1933:355) では「まりやなくちなしもどき」と表記されている。
  14. ^ 山崎 (1989) ではアカミズキ属Wendlandia)がここに置かれており「アカミズキ連」の和名が与えられているが、Stevens (2001-) はアカミズキ属を Augusteae という連に置いている。
  15. ^ 熱帯植物研究会 (1996:418) では日本語名として「ガヨボ」が与えられ、パナマコロンビアでの呼称が Guayobo とされている。しかし Grandtner (2005:143) ではパナマとコロンビア(およびコスタリカベネズエラ)でのスペイン語名は guayabo とされており、これをカナ転写するとグアジャボあるいはグアヨボとなる。
  16. ^ この和名の初出は金平 (1933:369) の「もるつかこんろんくわ」である。
  17. ^ この和名の初出は金平 (1933:357) の「こばみさをのき」である。
  18. ^ この和名の初出は金平 (1933:378) の「みづばひるぎ」である。
  19. ^ この和名の初出は金平 (1933:360) の「なんやうさんたんくわ」である。
  20. ^ 山崎 (1989) では Randia cochinchinensis とそのシノニム Aidia cochinchinensis として紹介されているが、米倉・梶田 (2013-) はこれらとは関係のない Aidia henryi であるとしている。
  21. ^ かつてはヒジハリノキBenkara sinensis)が Oxyceros sinensis と分類されていたこともあり、山崎 (1989:196) では「ヒジハリノキ属」という和名が与えられている。
  22. ^ 山崎 (1989) ではシロミミズTricalysia dubia としてここに置かれており、「シロミミズ属」の和名が与えられていた。しかし Govaerts (2019) は Diplospora dubia を正名としている。
  23. ^ この和名の初出は 金平 (1933:380f) の「なんやうぎよくしんくわ」である。
  24. ^ この和名の初出は 金平 (1933:379) の「まりやなぎよくしんくわ」である。

出典編集

  1. ^ Ronse De Craene (2010:318).
  2. ^ Ronse De Craene (2010:319).
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u ブリッケル (2003).
  4. ^ コケサンゴの育て方 - 育てよう!みどりの広場 (株式会社日比谷花壇). 2019年6月24日閲覧。
  5. ^ コプロスマとは - 育て方図鑑 (みんなの趣味の園芸 NHK出版). 2019年6月24日閲覧。
  6. ^ マクビカー (2013:123).
  7. ^ a b c ウォーカー (2006).
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 林・古里 (1986).
  9. ^ 小野・林 (1987:401).
  10. ^ 金田 (2010:298).
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am 山崎 (1989).
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag 山崎 (1981).
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar コーナー & 渡辺 (1969).
  14. ^ a b c d e f g h i 『園芸植物大事典』小学館。
  15. ^ a b c d e f g h i j k l Kawakami (1910).
  16. ^ 邑田・米倉 (2012:250).
  17. ^ a b c d e f g h i j 米倉・梶田 (2003-).
  18. ^ a b Naiki et al. (2016).
  19. ^ a b c d e f g h i j 邑田・米倉 (2012:177-180).
  20. ^ a b c d e f g h i j k l m 近田 (2003).
  21. ^ 邑田・米倉 (2012:255).
  22. ^ 邑田・米倉 (2012:256).
  23. ^ 金田 (2010:254).
  24. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 熱帯植物研究会 (1996).
  25. ^ a b 堀田 (1989).
  26. ^ a b c d e f g h 牧野 (1940).
  27. ^ スミソニアン協会 (2012:196).
  28. ^ 渡辺 (1944).
  29. ^ a b c 多肉植物&コーデックスGuideBook (2019:122-3).
  30. ^ 金平 (1933:366).
  31. ^ 金平 (1933:367).
  32. ^ a b 金平 (1933:354).
  33. ^ 坂﨑 (1998:938).
  34. ^ 金田 (2010:308).
  35. ^ 金平 (1933:358).
  36. ^ a b 金平 (1933:381).
  37. ^ 金平 (1933:382).
  38. ^ 金平 (1933:383).
  39. ^ 金平 (1933:384).
  40. ^ 金平 (1933:386).
  41. ^ 金平 (1933:387f).
  42. ^ 金平 (1933:388).
  43. ^ リズデイルら (2007:325).
  44. ^ a b c 三橋 (1998).
  45. ^ ギブス (2005).
  46. ^ 河村・西川 (2019:270).
  47. ^ a b 渡辺 (1945).
  48. ^ 金平 (1933:356).
  49. ^ 金平 (1933:363).
  50. ^ 金平 (1933:376).
  51. ^ 京都府立植物園 見ごろの植物情報 平成25年7月12日/京都府ホームページ 2019年6月10日閲覧。
  52. ^ 邑田・米倉 (2012:246).
  53. ^ 邑田・米倉 (2012:249).
  54. ^ IUCN (2014).

参考文献編集

英語・日本語:

英語:

日本語:

関連文献編集

関連項目編集