ゲオルク・ヘルメスベルガー1世

Austrian violinist, conductor and composer

ゲオルク・ヘルメスベルガー1世(Georg Hellmesberger, Sr., 1800年4月24日[1] - 1873年8月16日)は、オーストリア指揮者作曲家

ゲオルク・ヘルメスベルガー1世
Georg Hellmesberger, Sr.
Georg Hellmesberger Senior Litho.jpg
基本情報
生誕 1800年4月24日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
オーストリア帝国の旗 オーストリア大公国ウィーン
死没 (1873-08-16) 1873年8月16日(73歳没)
ジャンル クラシック
職業 指揮者作曲家

生涯編集

ヘルメスベルガーはウィーンに生まれた。彼に最初の音楽の手ほどきを行ったのは父であった。彼はシトー会ハイリゲンクロイツ修道院併設の学校に通い、ウィーンでは哲学の講座を履修した。ウィーン国立音楽大学に入学した彼は、ヴァイオリンヨーゼフ・ベームに、作曲エマヌエル・アロイス・フェルスターに師事した。1821年にはベームの助手となっている。1826年からはヘルメスベルガー自身も音楽大学で教鞭を執り、1833年から1867年にかけては教授職を務めた。彼の門下からはヨーゼフ・ヨアヒムレオポルト・アウアー、彼の息子であるヨーゼフ1世ゲオルク2世などが輩出している。

ヘルメスベルガーは1830年イグナーツ・シュパンツィヒが死去するとウィーン国立歌劇場コンサートマスター、宮廷管弦楽団の団員に就任した。1842年からはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団カペルマイスターとなり、1867年に年金の受給を開始するまでこの職に留まった。

ヘルメスベルガーはヴァイオリン協奏曲、弦楽四重奏曲、ヴァイオリン独奏曲などに作品を遺した。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Zwei lexikalische Werke (ÖBL, Czeike) geben das Geburtsdatum mit 24. Februar 1800 an.

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集