ゲオルク・ヘルメスベルガー2世

ゲオルク・ヘルメスベルガー2世Georg Hellmesberger, Jr. 1830年1月27日 - 1852年11月12日)は、オーストリア作曲家ヴァイオリニスト

ゲオルク・ヘルメスベルガー2世
Georg Hellmesberger, Jr.
Hellmesberger.jpg
基本情報
生誕 1830年1月27日
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国 ウィーン
死没 (1852-11-12) 1852年11月12日(22歳没)
Flag of Hanover 1837-1866.svg ハノーファー王国 ハノーファー
ジャンル クラシック
職業 ヴァイオリニスト作曲家

生涯編集

ヘルメスベルガーはウィーンに生まれた。2歳年上の兄ヨーゼフ1世と同じく、彼は最初の音楽の稽古としてウィーン楽友協会音楽院で教えていた父のゲオルク1世からヴァイオリンピアノの手ほどきを受けた。また、父とルートヴィヒ・ロッターより作曲の指導を受けた。

13歳の時に兄のヨーゼフ1世と共に楽友協会の演奏会に出演したヘルメスベルガーは、間もなくウィーン国立歌劇場の舞台を飾り、著名音楽家との共演を果たした。ウィーンでの演奏会、並びに兄や父と赴いたドイツ及びイングランドへの大規模な演奏旅行ではヴァイオリニストとして成功可能な才能を示したヘルメスベルガーであったが、やがて作曲にだけに集中するようになる。1848年には最初のオペラがグラーツで初演された。

1850年、20歳になったヘルメスベルガーはハノーファーの宮廷劇場付属のヴォードヴィル音楽とバレエ音楽の主任に任用された。しかしながら、深刻な肺病を患った彼は療養を余儀なくされ、この職で成功した時間は短かった。ハノーヴァーに戻ってきた彼は宮廷楽長の地位を得ることが出来たが、その後まもなく持病によりわずか22歳でこの世を去った。

ヘルメスベルガーはオペラ作品を多数作曲した。『Die Favoritin』(1846年)、『Der Tag der Verlobung』(1846年)、『Die Bürgschaft』(1848年)、『Die beiden Königinnen』(1851年)、『Fiesco』(1848年)などである。また、管弦楽曲や室内楽曲も遺している。

ヘルメスベルガーはウィーンのヒートツィンガー墓地ドイツ語版に眠っている。

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集