ゲットハード/Get Hard

ゲットハード/Get Hard』(原題:Get Hard)は2015年に公開されたアメリカ合衆国コメディ映画である。監督はイータン・コーエン、主演はウィル・フェレルケヴィン・ハートが務めた。本作はコーエンの映画監督デビュー作となった。なお、本作は日本国内で劇場公開されなかったが、Amazonでの配信が行われている[3]

ゲットハード/Get Hard
Get Hard
監督 イータン・コーエン
脚本 イータン・コーエン
イアン・ロバーツ
ジェイ・マーテル
原案 イータン・コーエン
アダム・マッケイ
ジェイ・マーテル
製作 クリス・ヘンチー
ウィル・フェレル
アダム・マッケイ
製作総指揮 ケヴィン・メシック
ジェシカ・エルバウム
ラヴィ・メータ
出演者 ウィル・フェレル
ケヴィン・ハート
クレイグ・T・ネルソン
アリソン・ブリー
音楽 クリストフ・ベック
撮影 ティム・サーステッド
編集 マイク・セイル
製作会社 ラットパック=デューン・エンターテインメント
ゲイリー・サンチェス・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗ワーナー・ブラザース映画
公開 アメリカ合衆国の旗2015年3月27日
日本の旗劇場未公開
上映時間 100分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 4000万ドル[2]
興行収入 世界の旗$111,811,453[2]
テンプレートを表示

ストーリー編集

ジェームズ・キングはヘッジファンドのマネージャーとして活躍していた。キングは自信が勤めるファンドの経営者であるマーティン・バローの娘、アリッサと婚約していた。そんなある日、キングは洗車場で働くダーネル・ルイスと知り合いになった。ダーネルとその妻(リタ)は娘を良い学校に転学させようとあれこれやっていたが、資金がどうしても工面できずにいたのである。

婚約パーティーの最中、キングは突然その場にやって来たFBIに横領と詐欺の容疑で逮捕されてしまった。キングは弁護士から「刑期を短く済ませるためにも、罪を認めた方が良い」というアドバイスを受けたが、キングはそれに従わず無実を主張し続けた。その結果、キングは懲役10年の有罪判決を受けることになった。30日間の猶予を与えられたキングはアリッサと共に逃亡を図ろうとしたが、アリッサはそんなキングをあっさりと捨てるのだった。

キングは「黒人なら刑務所で服役した経験があるに違いない」と考え、ダーネルに刑務所での振る舞い方を習うことにした。服役経験のないダーネルはそれを断ろうとしたが、授業料として提示された3万ドルに目がくらんでしまい、取り敢えず引き受けることにした。ダーネルの指導は滅茶苦茶だったが、刑務所で生き延びることしか頭にないキングはそれに気が付かなかった。しばらくして、キングはマーティンに収監前最後の挨拶をしに行った。キングの「友人の協力を取り付けました」という言葉を聞き、マーティンは内心で仰天していた。何を隠そう、キングを罠にはめたのはマーティンだったのである。マーティンはキングが友人と共に報復してくると勘違いして震え上がり、警護のためにヒットマン(ゲイル)を雇うことにした。

様々な特訓の結果、キングは刑務所で使えそうなテクニックを幾つか習得できたが、屈強な精神を作り上げるまでには至らなかった。そこで、ダーネルはキングを地元のギャングに紹介することにした。ギャングの一員になれば、刑務所で虐められることもあるまいと考えてのことである。ギャング団のリーダーであるラッセルは白人のキングの参加を拒んだが、「それなら白人至上主義者の一員になれば良い」とアドバイスした。キングは白人至上主義者の団体に接触したが、レイシストになりきることが出来なかった。その団体の構成員たちがキングをスパイと勘違いしたため、一触即発の事態に陥ったが、ダーネルは火炎放射器を駆使してキングを救い出した。

やがて、キングとダーネルは「バローが黒幕なのではないか」と疑い始めたが、真実はそう単純なものではなかった。

キャスト編集

製作編集

2012年12月7日、ウィル・フェレルとケヴィン・ハートが本作に出演するとの報道があった[4]2013年9月、イータン・コーエンが本作の監督に起用された[5]2014年2月26日、クレイグ・T・ネルソンの出演が決まったと報じられた[6]。3月17日、アリソン・ブリーがキャスト入りした[7]。21日、エドウィナ・フィンドリーが起用されることになったと報じられた[8]。24日、ダン・バッケダールの出演が決まったとの報道があった[9]。25日、T.I.の出演が決まった[10]。10月30日、本作で使用される楽曲をクリストフ・ベックが手掛けることになったと報じられた[11]

撮影編集

本作の主要撮影は2014年3月17日にニューオーリンズで始まり[12]、同年5月14日に終了した。本作の脚本には人種に関するジョークが多数盛り込まれていたため、製作チームはそれらが人種差別的と受け取られないように最大限の配慮をした。コーエン監督はハートに「このシーンはアフリカ系の観客の目にどう映るか」という点についてアドバイスを求め、それを参考にしながら演出を行った。また、テスト・スクリーニングも通常より多く行われた[13]

公開・興行収入編集

2015年1月15日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[14]。3月2日、本作のレッドバンド・トレイラーが公開された[15]。16日、本作はサウス・バイ・サウスウェストでプレミア上映された[16]

本作は『ホーム 宇宙人ブーヴのゆかいな大冒険』と同じ週に封切られ、公開初週末に3400万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが[17]、この予想は的中した。2015年3月27日、本作は全米3175館で公開され、公開初週末に3380万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場2位となった[18]

評価編集

本作に対する批評家の評価は芳しいものではない。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには178件のレビューがあり、批評家支持率は28%、平均点は10点満点で4.3点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「名コメディアン2人を無駄遣いしている。『ゲットハード/Get Hard』は型破りな設定のポテンシャルを活かす代わりに、使い古された上にやたらと攻撃的なギャグを放つことに甘んじている。」となっている[19]。また、Metacriticには43件のレビューがあり、加重平均値は34/100となっている[20]。なお、本作のシネマスコアはBとなっている[21]

出典編集

  1. ^ ゲットハード Get Hard”. 映画.com. 2019年2月8日閲覧。
  2. ^ a b Get Hard”. Box Office Mojo. 2019年2月9日閲覧。
  3. ^ ゲットハード/Get Hard (字幕版)”. Amazon.com. 2019年2月9日閲覧。
  4. ^ Warner Bros In Talks For ‘Get Hard’ With Will Ferrell And Kevin Hart Attached To Star”. Deadline.com (2012年12月7日). 2019年2月9日閲覧。
  5. ^ Etan Cohen to Direct Will Ferrell and Kevin Hart in Warner Bros. ‘Get Hard’ (EXCLUSIVE)”. Variety (2013年9月17日). 2019年2月9日閲覧。
  6. ^ Craig T. Nelson Joins Will Ferrell-Kevin Hart Comedy 'Get Hard' (Exclusive)”. Hollywood Reporter (2014年2月26日). 2019年2月9日閲覧。
  7. ^ ‘Community’s Alison Brie Joins Will Ferrell-Kevin Hart Comedy ‘Get Hard’”. Deadline.com (2014年3月17日). 2019年2月9日閲覧。
  8. ^ Edwina Findley Cast In ‘Get Hard’; Olivia Luccardi Joins Untitled Gerardo Naranjo Pic”. Deadline.com (2014年3月21日). 2019年2月9日閲覧。
  9. ^ Leland Orser Returns For ‘Taken 3’; Dan Bakkedahl Joins ‘Get Hard’”. Deadline.com (2014年3月24日). 2019年2月9日閲覧。
  10. ^ T.I. Joins Will Ferrell Comedy ‘Get Hard’”. Deadline.com (2014年3月25日). 2019年2月9日閲覧。
  11. ^ Christophe Beck Scoring ‘Get Hard’”. Film Music Reporter (2014年10月30日). 2019年2月9日閲覧。
  12. ^ GET HARD with Will Ferrell and Kevin Hart Begins Filming”. broadwayworld.com (2014年3月17日). 2019年2月9日閲覧。
  13. ^ For 'Get Hard' director, race-themed satire is a tricky enterprise”. Los Angeles Times (2015年3月26日). 2019年2月9日閲覧。
  14. ^ Get Hard - Official Trailer 2”. YouTube (2015年1月15日). 2019年2月9日閲覧。
  15. ^ ‘Get Hard’ Red Band Trailer: Kevin Hart & Will Ferrell In ‘Hood High Jinks”. Deadline.com (2015年3月2日). 2019年2月9日閲覧。
  16. ^ ‘Spy’, ‘Get Hard’ Top SXSW Film Lineup: Has The Hipster Fest Sold Out To The Studios?”. Deadline.com (2015年2月3日). 2019年2月9日閲覧。
  17. ^ Forecast (cont.): 'Home' Sets Course for $30 Million, 'It Follows' Expands Wide”. Box Office Mojo (2015年3月26日). 2019年2月9日閲覧。
  18. ^ March 27-29, 2015”. Box Office Mojo. 2019年2月9日閲覧。
  19. ^ Get Hard”. Rotten Tomatoes. 2019年2月9日閲覧。
  20. ^ Get Hard (2015)”. Metacritic. 2019年2月9日閲覧。
  21. ^ Weekend Report: Moviegoers Go 'Home,' 'Get Hard'”. Box Office Mojo (2015年3月29日). 2019年2月9日閲覧。

外部リンク編集