紋章 地図
(郡の位置)
Wappen von Gerbrunn.svg Locator map WÜ in Germany.svg
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: ウンターフランケン行政管区
郡: ヴュルツブルク郡
緯度経度: 北緯49度46分44秒 東経09度59分06秒 / 北緯49.77889度 東経9.98500度 / 49.77889; 9.98500座標: 北緯49度46分44秒 東経09度59分06秒 / 北緯49.77889度 東経9.98500度 / 49.77889; 9.98500
標高: 海抜 243 m
面積: 4.59 km2
人口:

6,499人(2020年12月31日現在) [1]

人口密度: 1,416 人/km2
郵便番号: 97218
市外局番: 0931
ナンバープレート: WÜ, OCH
自治体コード:

09 6 79 136

行政庁舎の住所: Rathausplatz 3
97218 Gerbrunn
ウェブサイト: www.gerbrunn.de
首長: シュテファン・ヴォルフスヘルンドル (Stefan Wolfshörndl)
郡内の位置
Gerbrunn in WÜ.svg
地図

ゲルブルン (ドイツ語: Gerbrunn) はドイツ連邦共和国バイエルン州ウンターフランケン地方のヴュルツブルク郡の町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)で、ヴュルツブルクから3kmに位置する。

町の名前は、古語で「槍」を意味する Ger と「泉」を意味する Brunnen が合成されたものである。槍は、成立初期の村の形が地形上の制約から槍の穂先のような形であったことに由来し、泉は現在の町役場の近くで使われている泉を示している。別の説では Ger は槍のことではなく、フランケン貴族のゲルヴィーネ家を示すもので、ゲルブルンはゲルヴィーネ家の所領にある泉を指す、ともされる。

地理編集

自治体の構成編集

この町は、公式には2つの地区 (Ort) からなる[2]。このうち小集落や孤立農場などを除く集落は首邑のゲルブルンのみである。

歴史編集

 
ローマ橋

ゲルブルンは1107年に初めて文献に記録されている。ゲルブルンはヴュルツブルク司教領の一部として1803年にまずバイエルン大公領に世俗化された。その後プレスブルクの和約1805年)に基づいてトスカーナ大公フェルディナンド3世によって創設されたヴュルツブルク大公国領に移されたが、1814年に最終的にバイエルン王国領となった。バイエルンの行政改革に伴う1818年の市町村令によって現在の自治体が成立した。ゲルブルンの北にある「レーマーブリュッケ」(ローマ橋)は18世紀に司教のアダム・フリードリヒ・フォン・ザインスハイムが造ったもので、わずか1年後に倒壊しかけたため、再度架けられたものである。この橋は、フランクフルト - ニュルンベルク - ウィーンを結ぶ行程を改良した。

人口推移編集

  • 1970年 4,037人
  • 1987年 5,791人
  • 2000年 6,800人

行政編集

町長はシュテファン・ヴォルフスヘルンドル (SPD) である。彼は2002年にハンス・ロルケ (Freie Wahlgemeinschaft) の後任として町長に就任し、2008年に再選されている。

紋章編集

ゲルブルンの紋章は3つの部分からなる。左上はカステル家を象徴している。右上はフレンキシェ・レーヒェン(ヴュルツブルク司教)であり、下部には泉が描かれている。

姉妹都市編集

スポーツ編集

TSVゲルブルンの男子サッカー部門は2003/04年シーズンに DFBポカールへの出場を果たした。第1ラウンドで、当時ブンデスリーガ2部のSVヴェッカー・ブルクハウゼンと対戦し敗退した。

引用編集

外部リンク編集