メインメニューを開く

ゲームブックドラゴンクエストは、エニックス(現スクウェア・エニックス)から発刊されたゲームブックのシリーズ。「エニックスオリジナルゲームブック」に含まれる。

コンピュータRPGドラゴンクエストシリーズを題材としたゲームブックである。なお、同シリーズのゲームブックは双葉社からも『ドラゴンクエスト』と『ドラゴンクエストII』が発売されているが(ファミコン冒険ゲームブック)、この項ではエニックスから発売されたものに限定して解説する。

目次

ラインナップ編集

エニックスから発刊されたドラゴンクエストシリーズのゲームブックは、第1作から『VI』までが存在する。

なお、本シリーズでは、アドベンチャーシートのことを、コンピュータゲーム版ドラゴンクエストシリーズの冒険の記録をするファイルの名称にちなんで「冒険の書」と呼んでいる。

『ドラゴンクエスト』と『IV』以外では、主人公には名前が設定されていない。また、『IV』以外は、本文が主人公自身の語り口で綴られている(一人称は「ぼく」または「僕」)。

ゲームブック ドラゴンクエストIII編集

エニックス初のゲームブック。エニックスの関連会社「エニックス・プロダクツ」によって発刊された。

コンピュータゲーム版でおなじみのHPレベルや買い物などといったシステムが、ゲームブック用にアレンジされて受け継がれている。

世界観は原作と同じであるが、ストーリーは原作と異なる部分が多く、ゲームブックオリジナルのキャラクターやモンスターも多数登場する。しかし、ゲームブック中の台詞には、コンピュータゲーム版のものをそのまま流用しているものが多く見られる。

構成編集

上巻 勇者旅立つ
アリアハンの旅立ちから、船「セイレーン号」を手に入れてレイアムランドにたどり着く場面まで。
中巻 伝説の宝珠(オーブ)を求めて
レイアムランドで不死鳥ラーミアの話を聞いてから、女海賊ミランの協力で6つのオーブの探索を経て、バラモスとの決戦まで。
下巻 決戦! アレフガルド
アレフガルドで大魔王ゾーマを倒すために冒険する。

ルール編集

フラグチェック欄(本作では「ポイントチェック」と呼ばれる)が多数用意されており、フラグチェックの有無によって分岐する場面が多くなっている。中には、チェックの有無だけでなく、記入した数値によって分岐をする場合もある。また、誤った判断をするとDEAD END(ゲームオーバー)となる場合がある。

パーティは3 - 4人。勇者(男)と僧侶ゼブル(男)、魔法使いマニィ(女)は必ずパーティに加わる。残りの1人はルイーダの店で戦士ハルク、武闘家チェン、商人トラン、遊び人ラルフ(4人とも男)の中から選択することができるが、4人目を加えずに3人で冒険することも可能。ただし、戦闘システムに関与するのは勇者一人だけであり、仲間キャラクターは一切関係ない。

勇者にはレベルやHPが設定されている。コンピュータゲーム作品同様、敵を倒して経験値を得てそれが一定値以上になることによってレベルアップし、勇者の攻撃力・守備力・最大HPが上昇する。武器や防具も用意されており、装備することによって攻撃力・守備力を高めることができる。

町ではゴールド(所持金)を払って武器・防具・薬草を購入したり、宿屋に泊まってHPを回復させたりすることができる。

敵との戦闘は「勇者1人 対 モンスター1匹」で行われる。攻撃の際は、ページを適当にめくり、そのページの端に書かれた0 - 3の数値に攻撃力の数値を掛け合わせたものから、相手の守備力を引いた数値が相手へのダメージとなる。途中で薬草によってHPを回復させることもできる。主人公と敵が交互に攻撃を繰り返し、先にHPが0以下になったほうが負けとなる。戦闘で勝利すると経験値とゴールドが得られる。戦闘で敗れた場合はDEAD ENDとなり、指定されたシーンからやり直しとなる。

原作との主な相違点編集

  • 移動呪文「ルーラ」は作中に登場しない。アレフガルドが舞台となる下巻では、エンディングで特定の条件を満たさない限り、上の世界へ戻ることができない。
  • ノアニール付近に住むエルフは、ゲーム版では人間と不仲であったが、ゲームブックではノアニールの住民と友好関係にあり、ノアニールの村に掛かっている呪いはエルフ達の仕業ではなく魔王バラモスによるものである。また、人間は心の清い者しかエルフの姿を見られない。
  • 不死鳥ラーミアを甦らせるための6つのオーブが「銀宝珠」「紅宝珠」などと漢字表現になっており、また、オーブに対する別名(「破邪の水晶」など)が設定されている。入手状況も原作ゲームとは幾つか異なる。それぞれのオーブに特殊な能力が備わっており、最初に手に入る銀宝珠には他のオーブを探知する能力がある。
  • ジパングでのイベントに三種の神器が登場。八岐大蛇を倒した後そのまま入手できる。「草薙の剣」以外の相当するアイテムは「黄宝珠(八尺瓊の勾玉)」「ラーの鏡(八咫の鏡)」
  • カンダタとの戦いは一度(シャンパーニの塔)のみ。バハラタでは彼は既に改心しており、町の女性を人攫い目的ではなく怪我の治療のために洞窟に住まわしている。また、中巻の船旅では、海賊たちのお頭である女海賊ミラン(この名は本書オリジナル)が勇者たちに同行する。進め方によっては、アレフガルド(下巻)にてカンダタとミランが一緒に登場する。
  • ゲーム版の『II』『III』でいずれも没案となっていたアイテム「死のオルゴール」が、中巻にて重要なアイテムとして登場する。
  • 随所に他のアニメや特撮をネタにした記述がある(特にマニィの台詞に多い)。

ゲームブック ドラゴンクエストII編集

『III』のゲームブックの次に登場した。2巻構成であるが、1巻当たりのページ数は『III』よりも多い。上巻・下巻の各巻末には、シーン番号が本文とは独立している「コミックシーン」という漫画風のページが設けられている。

『III』同様、原作には無かったオリジナルのキャラクターやシナリオが多い。また、ファミコン版で有名になった「破壊のはやぶさの剣」「デルコンダル城でのシドー戦」などのバグ技や、書籍「ドラゴンクエスト モンスター物語」のエピソードが一部で取り入れられている。

著者は健部伸明和智正喜(下巻のみ参加)。

構成編集

上巻 勇者(ロト)の末裔たち
ローレシア城を出た主人公が、サマルトリアの王子カインとムーンブルクの王女ナナを仲間にし、アレフガルドでハーゴン軍の拠点のひとつである「大灯台」を攻略する。
下巻 激闘! ハーゴンの神殿
一行は快速船《雷神丸》で世界を巡り、5つの紋章を集めながら打倒ハーゴン軍のために各国の団結を促し、サマルトリアでの連合軍対ハーゴン軍の一大攻防戦を経て、ロンダルキアでの最終決戦に挑む。

ルール編集

『III』と違い、フラグチェック欄は設けられておらず、アイテムの有無や仲間の状態などでの分岐判定が多くなっている。

戦闘やレベル、買い物などのシステムは『III』とほぼ同じルールを踏襲している。しかし、本作では、主人公だけでなくパーティ3人全員が戦闘に関与するという点が『III』とは異なっている。武器や防具は主人公、カイン、ナナのそれぞれの専用のものが登場し、戦闘での攻撃力・守備力は、現在のパーティのレベルに、戦闘に参加できるメンバー全員の武器・防具の攻撃力・守備力を合計した値となる。HP・レベル・経験値はパーティ全体で共有する。

ステータス異常の概念も登場し、死んでいたり眠っていたりするメンバーの武器・防具の攻撃力・守備力は、戦闘での攻撃力・守備力に加算されない。

カインとナナは呪文を唱えることができ、それらの呪文は特定のイベントによって覚えることができる。ただし、ゲームの進め方によっては覚えられない呪文も存在する。

戦闘は、味方・敵ともパーティを組んでの戦いとなるが、戦闘の手順やダメージの算出方法は『III』と同じ。しかし本作では、カインとナナの回復呪文を一回の戦闘につきそれぞれ1回ずつ使用できる。また、敵の攻撃でページ端の0 - 3の数値のうち特定の数値が出るとモンスターが呪文や特殊攻撃を使い、無条件にHPを減らされたり敵のHPを回復されたりすることがある。

『III』と異なり、ラストバトル以外では負けてもゲームオーバーにはならないが、その代わり、パーティの誰かが死んでしまう場合もある。死んでしまったキャラクターは町の教会などで復活させなければならない。また、負ければ経験値やゴールドも得にくくなり、単方向的な展開で戦闘は固定的なイベントであるため(エニックスのゲームブック版で双方向的なのは『ドラゴンクエスト』のみ)後々不利になってしまう。

ちなみに、上巻ではルール上絶対に倒せない敵が登場し、勝ったを選べば強制ENDになるという、先発の双葉社版にも似た隠し要素がある。

原作との主な相違点編集

  • 序盤、勇者の泉までサマルトリアの王女ティアがローレシアの王子に(半ば強引に)ついてくる。他にも様々なサブキャラクター(そのほとんどは原作ゲームの町や祠で出会う人物から設定を膨らませたもの)が入れ替わり同行する。
  • ゲームではサマルトリアの王子とムーンブルクの王女の両方が使える呪文は、本作ではベホイミ以外、基本的にカインのみが使える呪文として統一されている。
  • 聖水やトヘロスはアンデッドモンスターを滅ぼす効果に変更。
  • 『I』に登場したレミーラが追加されている(カインが使う)一方、『III』で登場したメラ系は採用されておらず(同じく『III』で登場したバシルーラ・ヒャド系は太古の魔法で、極一部の高位の術者にしか使えないとされる)、ゲームでは雷だったベギラマもギラと共に炎の呪文となっている。魔法の属性による相性もある(冷気のヒャド系と爆発のイオ系は同時に発動すると打ち消しあう等)。
  • 呪文の発動には原則的に詠唱が必要(正式な詠唱文はCDシアター版よりもかなり長い)。内容は、呪文に対応した精霊や信仰する神(味方なら唯一なる神やルビス、敵ならシドー)への助力を請うものである。ただし、その意思さえ通じれば良いのか、あるいは術者の力量も関係するのか、一部(あるいはほとんど)略されることも多い。
  • カインの性格がゲームの呑気ものから一転、強気かつ行動的になっており、能力面でも頼れる存在として描かれている。ナナは他の派生作品に比べると物怖じしない(竜王の曾孫が竜の姿へ変化した時には「可愛い」とはしゃぐほど)、ややお転婆気味な性格。
  • ナナが犬の姿に変えられた原因がゲームとは異なる。ゲームではハーゴンの呪いによるものであったが、本作ではハーゴンから身を隠すために乳母(強力な魔法使いで、ナナの警護役でもあった)の呪文で犬の姿にされている。
  • 5つの紋章はムーンブルクに祭られていたものがハーゴン軍の侵攻で離散したとなっており、海上の祠へ持っていくのではなく、5つ揃えた時点でルビスの守りを授かる。また、ロンダルキアでまやかしにかかった時は王子達3人の誰を演じるか選択できる。
  • ゲームでは第1作に登場したアレフガルドの町や村はラダトーム以外マップ上から無くなっているが、本書上巻ではガライ(盲目の少女リーナと知り合う)、マイラ(ロトの剣を製作者の子孫に復活させてもらう)、リムルダール(福引をする)、メルキド(大灯台に行く途中遠くから見える)が少しだけ登場する。
  • ハーゴンは元は敬虔なルビス信者だったが、完璧主義が災いしてシドーと接触し「死こそ唯一の救い」と言う理念を植えつけられた。友人だった竜王の曾孫は自分の蔵書がそのきっかけになり防げなかったことを悔いて、ハーゴンを止めるために王子達に協力する。
  • 竜王の曾孫が祖先の城に留まっている理由は、かつて高祖母(竜の女王)が遺した「光の玉」を保管するためだったが、ハーゴンによって持ち去られた。小説版と違い城から出られない制約はない。
  • ルプガナの船をくれる老人の孫娘がルプガナ船団長の娘に変更、ミリアという名前が付けられておりローレシアの王子に想いを寄せる。また、カインとナナは事あるごとに反目しながら要所では息のあったところを見せる、良き喧嘩友達のような描写がされている(ローレシアの王子いわく「結構いいコンビ」)。
  • アレフガルド南の大灯台は、ハーゴン軍の拠点の一つとなっている。ルプガナで救ったミリアがハーゴンの手下の妖術師によってその大灯台に捕らえられ、彼女と「光の玉」を奪還することが上巻での最終目的となる。
  • 下巻にオリジナルの敵・海賊バールが登場、2度戦うことになる。ザハンに住んでいた金の鍵の持ち主タシスンは、漁師仲間を庇ってバールに殺された。
  • サマルトリアは先王の代でロトの血が絶えているが、ローレシアの王子やナナはこの事実を知らない。そのため、カインが人知れず葛藤するシーンが見られる。また、カインの母親は彼を産むと同時に亡くなっておりティアとは異母兄妹という関係になっている。
  • 下巻では、サマルトリアがハーゴン軍の侵攻を受け、危機に陥る。それを救うため、カインが他の2人と離れて別行動を取る場面があり、このときプレイヤーはローレシアの王子かカインのどちらを演じるかを選択できる。カインを選ぶと、前述のサマルトリア攻防戦をカインの視点で体験することになり、このルートでしか明かされない、ある重大な真相が語られる。
  • アトラス、バズズ、ベリアルとは3体同時に戦う。バズズのみロンダルキアへの洞窟に先んじて現れ、ナナを甘い息で眠らせ挑発して行く。
  • 悪霊の神々のサブタイトルに合わせ、かつてロンダルキアは天界であり、シドーを含む様々な邪神の宮殿だった(シドーとの契約で神殿を掘り起こしたがまだほかの邪神の神殿も存在する)とされている。またシドーはこの世に第2第3のハーゴンがいる限り我が命は永遠不滅だと言い残し、倒された時は次元の彼方に消え去ったと表現されている。

ゲームブック ドラゴンクエスト編集

「ロト三部作」のゲームブックの中では最も後の登場となった。2巻構成で、上巻・下巻それぞれにボードゲーム風のフィールドマップが付属していることが特徴。主人公には小説版と同じ「アレフ」の名が付けられている。

構成編集

上巻 甦るロト英雄伝説
冒険の始まりから、ローラ姫を救出するまで。アレフガルドの北半分が主な舞台となっている。
下巻 死闘! 竜王の島
舞台がアレフガルド全体に広がる。太陽の石や雨雲の杖といった重要アイテムが登場。最後には竜王との決戦が待っている。

ルール編集

ゲームはラダトーム城から始まり、ラダトームの町を出るまでは本文中の指示に従いながら読み進めていくことになるが、町を出ると、次の目的地までは付属のフィールドマップを使って移動することになる。マップ上では1マス進むごとに2つのサイコロを振り、出た目の合計が偶数か奇数かにより、それに応じたイベントが発生する(サイコロが手元に無い場合は、本を適当にめくってそのページの隅に描かれているサイコロの目を使用する)。新たな町やダンジョンなどに到着したときは、マップ上に書かれた番号のシーンから指示に従って読み進めていくことになり、その場所を出ると再びフィールドマップ上の移動に戻る。

本作ではレベル・経験値・HPのほか、MPのシステムも採用されている。コンピュータゲーム作品同様、主人公のレベルが上がると呪文を覚え、呪文を使うごとにMPを消費する。また、『III』に登場したフラグチェックのシステムが復活した(フラグの数は『III』よりも少ない)。町での買い物のシステムは『III』や『II』と同様である。

ザコ敵との戦闘は『III』や『II』と比べると簡略化された。主人公と敵の「攻撃力」にそれぞれサイコロの目の合計を加えて両者を比較し、敵の数値が主人公の数値以上の場合は主人公はダメージを受け、主人公の数値が敵の数値よりも大きければダメージは受けずに済む。受けるダメージ量は敵の「ダメージポイント」から自分の守備力をマイナスした値となる。ダメージを受けても、自分のHPが0以下にならなければそのモンスターに勝利したことになり、経験値とゴールドを得られる。また、戦闘の前には「ギラ」や「マホトーン」などの呪文を敵に対して試みることができる。なお、ボス敵はHPを持っており、ボスとの戦闘はザコ戦とは異なったルールで行われる。

主人公のHPが0以下になった場合は、コンピュータゲーム版と同様に所持金が半分となり、ラダトーム城で復活する。(ただし例外あり)

原作との主な相違点編集

  • ザコ戦における「ギラ」「ベギラマ」はダメージを与えるのではなく相手の能力値を下げる呪文となっており、「ラリホー」も敵を眠らせるのではなく眠気を誘う呪文とされている。
  • 原作の第1作『ドラゴンクエスト』に存在しなかった「ロトの盾」「ロトの兜」が登場する。「ロトの盾」は当初「失われた盾」としてガライの墓の隠し部屋に置かれている。

ゲームブック ドラゴンクエストIV編集

エニックスのゲームブックで初の4巻構成となった。章の構成やキャラクターは原作に準じているが、ロト三部作のゲームブックと同様、ストーリーは原作と異なる部分が多くなっている。

また、他の作品の文章がすべて主人公の語り口になっているのに対し、この作品では第三者の視点で文章が書かれている。主人公(勇者)の名前は「ユウ」だが、本文中では山奥の村でのシーンを除きほとんど「勇者」と表記されている。

この『IV』と次の『V』の挿絵を描いた伊藤伸平は、かつてファミコン冒険ゲームブック版の『ドラゴンクエスト』と『II』の挿絵も手がけている。後に漫画家となる衛藤ヒロユキがライターとして参加している。

構成編集

第1巻 第一章・第二章
原作の「第一章 王宮の戦士たち」と「第二章 おてんば姫の冒険」に相当。
第2巻 第三章・第四章
原作の「第三章 武器屋トルネコ」と「第四章 モンバーバラの姉妹」に相当。
第3巻 第五章(前半)
勇者の旅立ちから、「導かれし者」8人が集結してサントハイム城のバルザックを倒すまで。
第4巻 第五章(後半)
天空の武具を揃えて天空城のマスタードラゴンと謁見後、デスピサロとの最終決戦に挑む。

ルール編集

ルールは前3作に比べると大幅に簡略化され、HP・MP・攻撃力・守備力・ゴールドのシステムが廃止された。『III』のようにフラグチェックが多くなり、フラグチェックの有無による分岐判定が多くなっている。経験値とレベルのシステムは残されているが、本作では経験値やレベルも本文中の分岐判定のための数値となっている。経験値は各章によって異なる名称が付けられている。これらの経験値は物語の内容にこそ影響するが、進展には影響しない。

第五章では、誤った選択肢を選ぶと全滅してしまう場合がある。その場合はその直前の場面からやり直しとなる。実際にゲームオーバーとなることは滅多になく選択肢を間違えても以前の分岐に戻るだけなど、ゲームブックというよりノベルゲームといった趣が強い。

原作との主な相違点編集

  • 第一章において、敵の拠点である湖の塔へは、原作のようにアイテムを使う方法の他、いかだを使って行くこともできる。
  • 第二章で、モンスターの「コドラ」を乗り物として使うことができる。また、フレノールでの偽王女と黄金の腕輪のイベントが削除。黄金の腕輪は最終決戦で唐突に登場することになる。
  • トルネコの息子の名が「ニッフル」となっている(ファミコン版では名前の設定は無く、ゲーム『トルネコの大冒険』シリーズとリメイク版『ドラゴンクエストIV』では「ポポロ」、小説版では「リトル」)。また、ネネの容姿は『トルネコの大冒険』シリーズと大きく異なっている(当時の攻略本などのイラストに準じたもの)。
  • 第四章でピサロナイトがキングレオと共にマーニャ達の前に現れ、第五章で彼を倒して手に入る「静寂の玉」はこの時に奪われた形を取っている。また、その後に投獄される場面が削除。
  • シンシアは原作ゲームでエルフの様な姿に描かれているが、本書では人間らしく描かれる(イラストで耳が尖っていない、年齢が勇者より2歳上と明記、禁を破って旅人を泊めた男が父親、など)。
  • 作中に馬車は登場するが、ゲーム版の「馬車システム」の概念は受け継がれておらず、導かれし者8人全員で洞窟などに入る場面がある。
  • 馬車を得るためにホフマンの心を開く際、原作ゲーム通り「信じる心」を入手する他に、マーニャかミネアに説得を任せる選択肢が存在する。ミネアは失敗して結局「信じる心」を探すことに。マーニャは成功するが、全年齢向けでは表現出来ない方法を使ったらしいことが暗に示される。
  • 「破邪の剣(商品になっているのは模造品で、本物は第1章で入手)」「銀のタロット」「炎の爪」は3つ揃って真の力を発揮する古代武器という設定。
  • 魔族のピサロの恋人だった妖精のロザリーが人間に殺される場面は無い。但し再会時には生命感の感じられない、霊体のような姿で登場しており、暗に死亡していることを示す描写となっている。
  • クリフトは高所恐怖症である。この設定はリメイク版『ドラゴンクエストIV』に流用される。

ゲームブック ドラゴンクエストV編集

4巻構成。『IV』までと異なり、オリジナルのキャラクターやシナリオはほとんど無くなり、原作とほぼ同じ流れとなっている。第3巻での結婚イベントも原作と同様、ビアンカかフローラのどちらかをプレイヤーが選択することができる。本作では主人公の息子の名前は「クリス」、娘の名前は「フィラ」となっている。

構成編集

第1巻 幼年時代
原作の「幼年時代(少年時代)」に相当。
第2巻 青年時代前半1
大神殿からの脱出から、主人公がルーラの呪文を習得するまで。
第3巻 青年時代前半2
サラボナでのフローラとの出会いから、デモンズタワーでのジャミとの戦いまで。
第4巻 青年時代後半
原作の「青年時代後半」に相当。

ルール編集

『IV』のルールを踏襲しているが、本作ではモンスターを主人公の仲間に加えるシステム(仲間モンスター)と、「小さなメダル」を集めるシステムが追加されている。仲間モンスターは、必ず仲間になるものと、読者の判断で仲間にするか否かを決められるものとが存在する。プックル(キラーパンサー)以外の仲間モンスターは、巻が変わるといなくなってしまう。

『IV』と異なる点は、ゲーム版の「馬車システム」の概念が継承されているという点である。一部のダンジョンへは最大3人しか入ることができず、連れて行く3人目のキャラクターを読者が選択する場面が用意されている。

本作では、全滅やゲームオーバーは存在しない。

ゲームブック ドラゴンクエストVI編集

ドラゴンクエストシリーズ最後のゲームブック。4巻構成。

『V』と同様、原作とほぼ同じ流れとなっているが、原作にあった一部のシナリオがゲームブックではカットされている。

構成編集

第1巻 幻の大地
スタート地点のライフコッドから、魔王ムドーを倒すまで。
第2巻 失われたものを求めて
「もうひとりの自分」探しの旅。現実のライフコッドでもうひとりの主人公と融合するまで。
第3巻 封じられた伝説
伝説の武具を探す旅。武具が一式揃うまで。
第4巻 最後の決戦
ペガサスを入手し、はざまの世界で大魔王デスタムーアと対決。

ルール編集

『IV』『V』のルールに加えて、HPのシステムが復活した。戦闘の場面などで敵の攻撃を受けたとき、指示に従ってHPを減らしていく。このHPが一定値以下になると戦闘に負けたことになり、その戦闘の前のシーンからやり直しとなる。

また、本作では「バトル対戦表」と呼ばれる5つのマスが用意されており、読者は予め、このA - Eのマスの中に1 - 5までの適当な値を書き込んでおく。戦闘の場面では本文中の指示に従って指定された2つのマスの数値を比較し、この大小関係によって、その後の戦闘の状況が変化する。

『V』と同じく「馬車システム」の概念が継承されている。一部のダンジョンへは最大4人しか入ることができず、連れて行く4人目のキャラクターを読者が選択する場面が用意されている。

原作との主な相違点編集

  • ゲーム版ではプレイヤーの判断によっては仲間にならない場合のあったアモスは、ゲームブックでは必ず仲間になり、エンディングにも登場する。
  • ゲーム版に登場していたホルストックのイベントが、国の存在そのものも含めて丸ごと削除されている。
  • 転職において、「パラディン」からでも「勇者」になることができる(ゲーム版では不可)。
  • 「盗賊」の職業が登場しない。それに伴いアモスは「商人」と「魔物使い」を極めるだけで「レンジャー」になる。
  • バーバラは主人公たちと出会う前は「踊り子」だった。そのため作中では「遊び人」を極めただけで「スーパースター」になる。
  • 主人公が「ライデイン」を思い出さない
  • テリーの職業が「パラディン」になっている。(ゲームでは「バトルマスター」)

関連項目編集