ゲーム・ナイト』(原題:Game Night)は2018年アメリカ合衆国コメディ映画。監督はジョン・フランシス・デイリージョナサン・ゴールドスタイン英語版、主演はジェイソン・ベイトマンレイチェル・マクアダムスが務めた。本作は日本国内で劇場公開されなかったが、iTunesで配信されている[4]

ゲーム・ナイト
Game Night
監督 ジョン・フランシス・デイリー
ジョナサン・ゴールドスタイン英語版
脚本 マーク・ペレス
製作 ジョン・フォックス
ジェイソン・ベイトマン
ジョン・デイヴィス
ジェームズ・ガラヴェンテ
出演者 ジェイソン・ベイトマン
レイチェル・マクアダムス
カイル・チャンドラー
ビリー・マグヌッセン
音楽 クリフ・マルティネス
撮影 バリー・ピーターソン英語版
編集 デヴィッド・イーガン
ジェイミー・グロス英語版
グレゴリー・プロトキン
製作会社 デイヴィス・エンターテインメント英語版
アグリゲイト・フィルムズ英語版
ニュー・ライン・シネマ
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年2月23日
上映時間 100分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $37,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $117,501,013[3]
テンプレートを表示

ストーリー編集

マックスとアニーはゲーム愛好家であり、2人が結婚に至ったのもゲーマーという共通点があったからである。2人は子供をもうけようとしていたが、マックスのコンプレックスに起因するストレスが原因で上手く行かなかった。マックスは優秀な兄のブルックスと自分を比較して、自分の不甲斐なさに打ちひしがれていたのである。そんなマックスではあったが、週に1回のゲームの日は楽しみにしていた。週末に自宅で友人たち(ライアン、ケヴィン、ミシェル)とゲームに興じる日だけは、自分が抱える劣等感を忘れることができたのである。ところが、あるゲームの日にブルックスが突然マックスを訪ねに来た。ブルックスの愛車であるシボレー・コルベットは、マックスが子供の頃から憧れていた車であり、それを兄が乗りこなす姿を見て、マックスは不愉快な気分になった。しかも、ブルックスはジェスチャーゲームの最中にマックスの子供時代の失敗談を暴露してきた。夫をさらし者にされたアニーも憤慨しており、翌週の集まりでブルックスを打ち負かすと決心した。マックスとアニーの怒りに気が付かないまま、ブルックスは「次の集まりは僕の借りている家でやりましょう」と提案するのだった。

翌週の集まりにはサラも参加することになった。一同はロールプレイングゲームをやることになったのだが、ブルックスは「このゲームの勝者にはシボレーを差し上げます」と宣言した。FBI捜査官を演じる俳優がゲームの設定を教えていると、そこに覆面の男たちが現れ、俳優とブルックスを襲撃した。一同は「これは凝ったゲームだなあ」などと感心していたが、男たちは本物の犯罪者であった。ブルックスが家から連れ出された後、参加者たちは推理を開始した。ケヴィンとミシェルはフェアプレーに徹していたが、先週の雪辱を果たしたいマックスとアニーは携帯電話GPS機能を駆使してブルックスの居場所を突き止めた。ライアンとサラはそんな2人の後をこっそりつけるのだった。

裏通りのバーでブルックスを発見したマックスとアニーは戦闘に巻き込まれたが、近くにあった銃を使って見事撃退し、クローゼットに閉じ込められていたブルックスを救出した。アニーが銃をいじっていると、それが暴発しマックスの腕に当たった。ここに至って、2人は自分たちが本物の犯罪に巻き込まれたことを自覚した。順風満帆な人生を送っているように見えたブルックスだったが、実はブラックマーケットで芸術品の売買に携わっていたのである。インペリアル・イースター・エッグの売買を担当したばかりに、「ブルガリア人の男」として知られる大物に目を付けられてしまったのだという。無関係なマックスとアニーを逃がすべく、ブルックスは「ブルガリア人の男」に投降した。

もはやゲームではないことを承知の上で、6人はブルックスの救出に挑む決断を下した。

キャスト編集

製作編集

2016年5月24日、ニュー・ライン・シネマが新作コメディ映画の監督にジョナサン・ゴールドスタインとジョン・フランシス・デイリーを起用したと報じられた[5]2017年1月、ジェイソン・ベイトマン、レイチェル・マクアダムス、ジェシー・プレモンスの出演が決まった[6][7]。2月16日、カイリー・バンバリーが本作に出演することになったとの報道があった[8]。3月にはラモーネ・モリス、カイル・チャンドラー、ビリー・マグヌッセン、シャロン・ホーガンらのキャスト入りが発表された[9][10][11][12]。4月4日、ジェフリー・ライトが本作に出演すると報じられた[13]

本作の主要撮影は2017年4月上旬にジョージア州アトランタで始まった[14][15]

公開編集

本作は2018年2月14日に全米公開される予定だったが[16]、後に公開日は同年2月23日に延期されることとなった[17]

興行収入編集

本作は『アナイアレイション -全滅領域-』及び『エブリデイ』と同じ週に公開され、公開初週末に1700万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが[18]、その予想は的中した。2018年2月23日、本作は全米3488館で公開され、公開初週末に1700万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場2位となった[19]

評価編集

本作は批評家から高く評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには111件のレビューがあり、批評家支持率は80%、平均点は10点満点で6.8点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「ダーク・コメディ調の脚本は予期せぬ展開もある秀逸なものだったが、設定が詰め込みすぎだという感があった。しかし、才能のある俳優たちがそれを解きほぐしてくれたお陰で、『ゲーム・ナイト』は本来よりも面白いものになったかもしれない。」となっている[20]。また、Metacriticには35件のレビューがあり、加重平均値は66/100となっている[21]。なお、本作のシネマスコアはB+となっている[18]

出典編集

  1. ^ GAME NIGHT”. 2018年2月25日閲覧。
  2. ^ ‘Black Panther’ Reigns Supreme With $104M+: The Best Second Weekend Haul Ever Prior To Summer”. 2018年2月25日閲覧。
  3. ^ Game Night”. 2018年10月23日閲覧。
  4. ^ ゲーム・ナイト”. 2018年10月23日閲覧。
  5. ^ ‘Spider-Man’ Homecoming’ Scribes On Board For ‘Game Night’ At New Line”. 2018年2月25日閲覧。
  6. ^ Jason Bateman and Rachel McAdams to Star in Comedy ‘Game Night’”. 2018年2月25日閲覧。
  7. ^ Jesse Plemons Joins Jason Bateman in New Line Comedy ‘Game Night’ (EXCLUSIVE)”. 2018年2月25日閲覧。
  8. ^ ‘Pitch’ Star Kylie Bunbury Joins Jason Bateman’s Comedy ‘Game Night’ (EXCLUSIVE)”. 2018年2月25日閲覧。
  9. ^ ‘New Girl’ Star Lamorne Morris Joins Jason Bateman Comedy ‘Game Night’ (EXCLUSIVE)”. 2018年2月25日閲覧。
  10. ^ Billy Magnussen Joining ‘Game Night’ Opposite Jason Bateman & Rachel McAdams”. 2018年2月25日閲覧。
  11. ^ Emmy Winner Kyle Chandler Joins New Line’s ‘Game Night’”. 2018年2月25日閲覧。
  12. ^ ‘Game Night’ Gains Another Player In Sharon Horgan”. 2018年2月25日閲覧。
  13. ^ Jeffrey Wright Joins Jason Bateman in 'Game Night' (Exclusive)”. 2018年2月25日閲覧。
  14. ^ New Line's 'Game Night' filming in Atlanta”. 2018年2月25日閲覧。
  15. ^ It’s game on as shooting begins on New Line Cinema’s “Game Night””. 2018年2月25日閲覧。
  16. ^ ‘Godzilla Vs. Kong’, ‘Game Night’ Among Many Warner Bros. Release Date Changes For 2018 & Beyond – Update”. 2018年2月25日閲覧。
  17. ^ Warner Bros/New Line Change Up ‘Game Night’ Again Next Year – Update”. 2018年2月25日閲覧。
  18. ^ a b 'Black Panther' Looks to Become the Fourth Film to Deliver a $100M+ Second Weekend”. 2018年2月25日閲覧。
  19. ^ February 23-25, 2018”. 2018年10月23日閲覧。
  20. ^ Game Night”. 2018年2月25日閲覧。
  21. ^ Game Night (2018)”. 2018年2月25日閲覧。

外部リンク編集