コイル英語: coil)とは、針金などひも状のものを、螺旋状や渦巻状に巻いたもののことである。電気回路における素子として用いられるほか、ばねとしても利用される。明治末から昭和前期には線輪(せんりん)とも言われた[1]

コイルおよびフェライトコア

回路素子としてのコイル編集

 
スパイダーコイル

コイルに利用する電線巻線という。コイルの性質を変化させるために、コイルの中に入れられる強磁性体の部品を磁心という[2]。磁心が無いコイルは、空芯コイルという。

 
コイルを利用した変圧器

用途編集

電磁誘導を利用した例

その他

電気用図記号編集

インダクタの電気用図記号

その他の回路図記号

コイルばね編集

このばね類の特徴として、荷重と変形に比例関係が得られる、環境耐性がある、安価で大量生産可能といった特徴がある[3]。 受ける荷重の種類によって、圧縮コイルばね引張コイルばねねじりコイルばねといった種類に分けられる[4]

関連項目編集

編集

  1. ^ たとえば1907年『文明利器電話機使用問答』全国書誌番号:40067160の目次に「六 誘導線輪・自第二十四問至第二十六問」とある。また、昭和14年内閣告示第1号、電気関係標準用語にもある。
  2. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 磁心(じしん、magnetic core)
  3. ^ 絵とき「機械要素」基礎のきそ p166
  4. ^ ばね技術研究会(編)、1998、『ばねの種類と用途例』初版、 日刊工業新聞社〈ばね技術シリーズ〉 ISBN 4-526-04232-3 p6