メインメニューを開く

コカノキ科学名:Erythroxylaceae)は双子葉植物のひとつ。

コカノキ科
クロンキスト体系
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : 真正バラ類I eurosids I
: キントラノオ目 Malpighiales
: コカノキ科 Erythroxylaceae
  • Aneulophus
  • コカ属 Erythroxylum
  • Nectaropetalum
  • Pinacopodium

特徴編集

コカインの原料となるコカノキ(コカErythroxylon coca)などを含む。4属242種存在し[1][2]、世界の熱帯に広く分布し、日本にはない。いずれも木本で、は単葉で互生する。は両性花で5数性。果実種子1個を含む核果となる。

新エングラー体系クロンキスト体系では、アマ科などに近縁とされ、フウロソウ目あるいはアマ目に含められていた。APG植物分類体系では、キントラノオ目ヒルギ科(熱帯のマングローブなどに多い木)に最も近縁であるとされ、ヒルギ科に含めてもよいオプションの科とされている。

編集

脚注編集

  1. ^ Stephens, P.F. (2001 onwards). Angiosperm Phylogeny Website. Version 9, June 2008. http://www.mobot.org/MOBOT/Research/APweb/
  2. ^ Christenhusz, M. J. M. & Byng, J. W. (2016). “The number of known plants species in the world and its annual increase” (英語). Phytotaxa (Magnolia Press) 261 (3): 201–217. doi:10.11646/phytotaxa.261.3.1. http://biotaxa.org/Phytotaxa/article/download/phytotaxa.261.3.1/20598 2018年8月4日閲覧。.