コスモス4号(Kosmos 4、ロシア語:Космос 4)またはZenit-2 No.2は、初めて軌道に到達したソビエト連邦偵察衛星である。西側ではスプートニク14号(Sputnik 14)とも呼ばれる。4機目のコスモス衛星であり、ソビエト連邦の偵察衛星の打上げは2度目であった。1度目は、ロケットエンジンの1つが途中で停止し、軌道に達しなかった[2]

コスモス4号
任務種別偵察衛星
ハーバード命名1962 Xi 1
COSPAR ID1962-014A
SATCAT №287
任務期間3日
特性
宇宙機種別ゼニット2
製造者OKB-1
打ち上げ時重量4610 kg
任務開始
打ち上げ日1962年4月26日10:02(UTC)
ロケットボストークK
打上げ場所バイコヌール宇宙基地ガガーリン発射台
任務終了
廃棄種別回収
着陸日1962年4月29日
軌道特性
参照座標地球周回軌道
体制低軌道
近点高度298 km
遠点高度330 km
傾斜角65°
軌道周期90.8分
元期1962年4月26日[1]

ボストークKロケットに搭載して打ち上げられた。これが7度目の飛行となった[3]。1962年6月の打上げからボストーク2ロケットの利用に変わったため、ボストークKを用いて打ち上げられた最後のゼニットとなった。1962年4月26日10:02(UTC)にバイコヌール宇宙基地ガガーリン発射台から打ち上げられた[4]

近地点285 km、遠地点317 km、軌道傾斜角65°、軌道周期90.5分の低軌道に乗せられた[2]。4日間のミッションで、4月29日に軌道離脱し、パラシュートで着陸した[1]。配向システムの故障のため、ミッションは部分的にしか完了しなかった。5月には別の衛星が後に続く予定だったが6月に延期され、軌道到達に失敗した。

コスモス4号は、かつて有人宇宙飛行に用いられたボストーク宇宙船に由来するゼニット2偵察衛星である[2]。次の打上げは失敗したが、さらにその次の打上げと軌道到達は成功し、コスモス7号と呼ばれた[2]

関連項目編集

出典編集

  1. ^ a b McDowell, Jonathan. “Satellite Catalog”. Jonathan's Space Page. 2013年12月15日閲覧。
  2. ^ a b c d Wade, Mark. “Zenit-2”. Encyclopedia Astronautica. 2012年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年5月23日閲覧。
  3. ^ McDowell, Jonathan. “Launch Log”. Jonathan's Space Page. 2009年5月23日閲覧。
  4. ^ Wade, Mark. “Soyuz”. Encyclopedia Astronautica. 2010年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年5月23日閲覧。