コドク英語: Kodokアラビア語: كودوك[注釈 1])は、南スーダン北東部の英語版である上ナイル州に属する都市

コドク
Kodok
位置
コドクの位置(南スーダン内)
コドク
コドク
コドク (南スーダン)
コドクの位置(アフリカ内)
コドク
コドク
コドク (アフリカ)
座標 : 北緯9度53分 東経32度07分 / 北緯9.883度 東経32.117度 / 9.883; 32.117
行政
南スーダンの旗 南スーダン
  上ナイル州
 市 コドク
人口
人口 (2012年現在)
  市域 7,709人
その他
等時帯 中央アフリカ時間 (UTC+2)

改名編集

かつてファショダと呼ばれていた。ファショダは1898年に、イギリスとフランスとの間に発生したファショダ事件の発生した場所として知られる。しかし、1904年に戦乱の発生地としての汚名を消すべく、イギリス側の勢力がコドク(KodokまたはKothok)と都市名を改称した。もっとも、その後もスーダン内戦など、戦乱の続いた地域である。その100年後、第2次スーダン内戦が終わろうとしていた2004年になっても、コドク付近には難民がたむろし、治安は悪かった。

地理編集

 
South Sudanと書かれた領域のWhite Nileと書かれた川沿いに、コドクは位置する。

コドクは北緯9度53分 東経32度07分 / 北緯9.883度 東経32.117度 / 9.883; 32.117座標: 北緯9度53分 東経32度07分 / 北緯9.883度 東経32.117度 / 9.883; 32.117に位置し、この場所は南スーダンの西部ナイル州に属する[1]白ナイル川が付近を流れている。かつては、シルック族が作っていた、シルック王国の都が置かれていた場所である。なお、このシルック族は、この付近に居住してきた農耕民族であった[2]

産業編集

現在の南スーダンに当たる地域は、かつては、モロコシなどの栽培が盛んな地域だったものの、スーダンでの内戦によって農業は衰退してきた[2]。そのような中で、1990年代にコドクでは深刻な飢饉が発生した。1990年代中盤からアラビアゴムの取り引きが行われ始めた。なお、南スーダン独立後、コドクの住民は、彼らが主食とする雑穀の自給的な栽培や、ウシの牧畜を行っている。2012年時点でのコドクの人口は、約7700人と推計されている。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 南スーダンの公用語は英語だが、ジュバアラビア語も主要な言語として用いられている。

出典編集

  1. ^ Atekdit, Ariik (2016年2月13日). “Western Nile Governor Appoints State Cabinet”. Gurtong. 2016年8月14日閲覧。
  2. ^ a b 二宮書店編集部 『Data Book of The WORLD (2012年版)』 p.311 二宮書店 2012年1月10日発行 ISBN 978-4-8176-0358-6