コナン1世 (ブルターニュ公)

コナン1世フランス語:Conan I, ? - 992年6月27日)は、ブルターニュ公(在位:990年 - 992年)。

コナン1世
Conan I
ブルターニュ公
在位 990年 - 992年

死去 992年6月27日
ブルターニュ公国、コンクレイユ
埋葬 モン=サン=ミシェル修道院
配偶者 エルマンガルド=ジェルベルジュ・ダンジュー
子女 ジョフロワ1世
ジュディット
ジュディカエル
ユルヴォ
カトゥアロン
家名 レンヌ家
父親 レンヌ伯ジュディカエル
母親 ジェルベルジュ・ド・ナント?
テンプレートを表示

生涯編集

コナン1世はレンヌ伯ジュディカエルの息子で、970年に父の跡を継いでレンヌ伯となった[1]

990年春、コナン1世はナントの攻撃およびブルターニュ公アランの死後にブルターニュ公となったとみられる[2]

コナン1世は、ドロゴ時代の摂政政治およびドロゴの死後庶子のオエル1世およびグエレス、そしてグエレスの子アランの統治を公爵として引き継いだ[3]。ブルターニュ公はしばらく空位が続いていたが、コナン1世は、ブルターニュ公となるためにブロワ伯ウード1世と同盟を結ばなければならなかった[4]

990年7月28日の特許状で、コナン1世はヴィラメ、リーレル、パシエの地をモン=サン=ミシェルに与えた。後にこれらの地はフージェール領となった[5]

ブロワとの同盟関係はやがて厄介なものとなり、自身のブロワへの影響力をなくし、リシャール1世との条約に調停した。この条約は初めてブルターニュとノルマンディーを結びつけた[4]

リシャール1世はユーグ大公の娘と結婚し、この結婚後にブルターニュの上級領主としての父の主張を再び主張した。コナン1世とノルマンディーとの条約は、この主張を裏付けたが、その上級領主についての歴史的史料については、おもにサン=カンタンのデュドの信頼性の低い記述にのみでみられるため、真実は不明なままである[4][注釈 1]

コナン1世は992年6月27日にコンクレイユの戦いで義弟アンジュー伯フルク・ネラと戦い、戦死した[6]。コナン1世はモン=サン=ミシェル修道院に埋葬された[7]

結婚と子女編集

コナン1世は973年に、アンジュー伯ジョフロワ1世の娘エルマンガルド=ジェルベルジュ[1]と結婚した[注釈 2][8]。2人には以下の子女が生まれた。

他の妻は知られていないが、以下の3人の息子はエルマンガルドの子供とは考えられない。

  • ジュディカエル(1037年没) - ポルオエ伯[1]
  • カトゥアロン - 1019/1021年から1040年迄のルドンのサン=ソヴール修道院院長
  • ユルヴォ[1] - 1026年、ブルターニュ公アラン3世の勅書に存在が記載されている

注釈編集

  1. ^ Priceはまた、コナン1世とリシャール1世の関係について、de la Borderie 1898, page 246-248も紹介している。
  2. ^ ルドルフス・グラベルはその著書Histories [Bk. II, Ch. 3, para. 4] において、コナン1世に対し公然と敵意を示しており、コナン1世がフルク・ネラの姉エルマンガルド=ジェルベルジュと結婚した後、「最も卑劣な君主であった」と述べている。Bachrach, Fulk Nerra (1993),p. 42 & n. 99; Rodulfus Glaber, The Five Books of the Histories, ed. & trans. John France (Oxford: The Clarendon Press, 1989), pp. 58–61. を参照のこと。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f Schwennicke 1984, Tafel 75.
  2. ^ Bachrach 1993, p. 38.
  3. ^ Delumeau, p. 141.
  4. ^ a b c Price, p. 370.
  5. ^ Keats-Rohan 1994, p. 18-19.
  6. ^ Bachrach 2002, p. 66.
  7. ^ Alexander, p. 8.
  8. ^ Bachrach 1993, p. 42.

参考文献編集

  • Schwennicke, Detlev (1984). Europäische Stammtafeln: Stammtafeln zur Geschichte der Europäischen Staaten. Neue Folge. Band II. Marburg, Germany: J. A. Stargardt 
  • Alexander, Jonathan James Graham (1970). Norman illumination at Mont St Michel, 966–1100. Oxford, UK: Clarendon Press 
  • Bachrach, Bernard S. (1993). Fulk Nerra, the neo-Roman consul, 987-1040: A Political Biography of the Angevin Count. Berkeley and Los Angeles: University of California Press 
  • Delumeau, Jean (1969). Histoire de la Bretagne. Toulouse, France: Edouard Privat editeur; Jean Delumeau, directeur, with contributing authors P-R Giot, J L'Helgouach, J Briard, J-B Colbert de Beaulieu, L Pape, P Rache, G Devailly, H Touchard, J Meyer, A Mussat, and G Le Guen (chapters do not specify individual authors). https://www.amazon.com/Histoire-Bretagne-J-Delumeau/dp/B0010ZUBW6 
  • Keats-Rohan, K.S.B. (1994). 'Two Studies in North French Prosopography', Journal of Medieval History Vol. 20 
  • Price, Neil S. (1989). “The Vikings in Brittany”. Saga-Book of the Viking Society XXII (6): 319–440. http://vsnrweb-publications.org.uk/The%20Vikings%20In%20Brittany.pdf. 
  • Bachrach, Bernard S. (2002). Warfare and Military Organization in Pre-Crusade Europe. IX,. Ashgate Publishing 
先代
ジュディカエル
レンヌ伯
958年 - 992年
次代
ジョフロワ1世
先代
アラン
ブルターニュ
 
990年 - 992年
次代
ジョフロワ1世