コプトは、主にエジプトにおけるキリスト教信徒を指す。コプトの大多数は非カルケドン派たるコプト正教会であるが、東方典礼カトリック教会たるコプト・カトリックや、プロテスタントなども含まれている。

「コプト人」という民族が居る訳ではなく、民族名ではない。全世界に1000万人から2000万人ほどいるとされる。エジプトにはキリスト教の成立直後から信者がおり、イスラム化された後もコミュニティが存続した。古代エジプトの流れを汲むコプト暦を使う[1]。現在、エジプト人口の約1割がコプトで、世俗主義的なシーシー政権の支持者が多い[2]

「コプト」の語源編集

「コプト」の語源は古エジプト語にまで遡る。元は、メンフィスの別称「ヘト・カ・プタハ」(プタハの精霊の館)に由来する。後に、ギリシャ人が、これを「アエギュプトゥス」とギリシャ語読みし、それがエジプト全土を指す言葉となった。さらに、エジプトを征服したアラブ軍は、それをアラブ化して「キプト」と発音した。これが後に、ヨーロッパ人の間で「コプト」と呼ばれるようになった。

人口編集

アメリカ合衆国にはニュージャージー州ニューヨーク州、そしてカリフォルニア州を中心にコプト教徒のコミュニティーが存在し、その人口は最大100万人とも見積もられ、その数は近年、さらに増えているといわれている[3]

著名なコプト編集

コプトを狙った事件編集

コプトはイスラム化したエジプトにおいて、啓典の民として許容されてきたが、近年はISILなどイスラーム過激派から迫害・テロの対象にされることが目立つ。

コプト美術編集

 
コプト美術

コプト美術英語:Coptic Art)とは、コプト教の3世紀から 12世紀頃までの美術を指す歴史的・美術史的呼称。現存するコプト美術遺品の多くはキリスト教の教会などに関係したものが多い。コプト人は、政治権力の中枢から遠ざかっていたために、その美術は時代の主流となることはなく、つねに地方的な分派として存在したことが一つの大きな特色である。また、コプト教の教義の上では、同じくキリスト単性説をとるシリアアルメニアと繋がりを持つ。その為、コプト美術には様々な地域の各要素が混在している。

コプト人は、7世紀中ごろエジプトイスラム化されてからはナイル上流の僻地や砂漠のオアシスなどに小さな集団をつくって住み、独特のキリスト教文化を形成した。その結果のうちの一つが、コプト美術であった。コプト美術は、王朝時代以来の古代エジプト美術の伝統とともに、ヘレニズム様式、ビザンティン様式、シリア、アルメニア、エジプト土着の伝統を融合しているが、その土台となったのは土俗性を強く残した素朴な美術であり、それらの様式の折衷、混成も指摘される。また、ヌビアエチオピアなどとも強い関連をみせている[4]

聖堂などもナイル川沿岸の上流まで各地に多く建てられたが、現在は殆ど廃墟と化している。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ISテロ「エジプト分断狙っている」キリスト教の一派・コプト教法王、訴え”. 『朝日新聞』朝刊2017年8月17日(国際面). 2017年8月26日閲覧。
  2. ^ “エジプト、法王訪問で厳戒/IS、教会を相次ぎ爆破”. 『朝日新聞』朝刊. (2017年4月28日). http://www.asahi.com/articles/DA3S12913434.html 
  3. ^ 「白くない」エミー賞に、アラブの春を思い起こす”. 『ニューズウィーク』日本版 (2016年9月26日). 2018年11月12日閲覧。
  4. ^ https://kotobank.jp/word/%E3%82%B3%E3%83%97%E3%83%88%E7%BE%8E%E8%A1%93-65928

関連項目編集