コヤ・アサラパイ

コヤ・アサラパイ(Coya Asarpay、? - 1533年)は、インカ帝国の王女で、兄弟のサパ・インカアタワルパ(在位1532年 - 1533年)と結婚したことにより、王妃となった女性。

アサラパイは、ワイナ・カパックの娘だった。彼女は古くからの慣習に従って、兄弟のインカと結婚した。

彼女の夫は、スペイン人によって近親相姦と偶像崇拝で告発され、1533年に処刑された。この罪はアサラパイにも該当する。ペドロ・ピサロ英語版によると、アサラパイはフランシスコ・ピサロの命令で鉄環絞首刑に処された[1]

参考文献編集

  1. ^ Sharon Macdonald, Pat Holden, Shirley Ardener: Images of Women in Peace and War: Cross-cultural and Historical Perspectives
先代:
チュクイ・フイパ
コヤ
インカ帝国王妃
次代:
クラ・オクリョ