コルビーチーズColby cheese)は、牛乳から造られるセミハードタイプのチーズ。もともとコルビーチェダーColby Cheddar)と呼ばれ、アメリカ合衆国が原産地である。

コルビー
Colby
Colby Cheese.jpg
ロングホーンタイプのコルビーチーズ
分類 セミハード
原料 牛乳
原産国 アメリカ
原産地 ウィスコンシン州
テンプレートを表示

歴史編集

 
コルビー南西にあるオリジナルの工場(2012年)
 
コルビーの町にある碑には、町とチーズとの関係が記されている。

1885年、ウィスコンシン州コルビー英語版において、ジョセフ・F・スタインウォンド (Joseph F. Steinwand) は父から受け継いだ工場で新しいタイプのチーズを作り出した。チーズの名前は、その3年前に設立された[1]村の名前にちなんで呼ばれている[2]。なお現在、コルビーチーズは広く製造されているが、発祥地のコルビーでは生産されていない。

製法編集

コルビーチーズの製法はチェダーチーズに近いが、チェダリングは行わない[3]。コルビーチーズはセミハードタイプと見なされているが、チェダーチーズよりもやわらかく、水分を含み、マイルドである。これは、ウォッシュしたカードを用いるためである[4]。製造時にホエイ(乳清)は水に置き換えられ、これがカードの酸味を減らすとともに、コルビーチーズの特徴的なマイルドな風味につながっている。多くのチーズと同様に、1ポンドのチーズを製造するためには1米ガロン以上の牛乳を使用する(チーズ1kgに対して牛乳8リットル以上)。

モントレー・ジャックチーズの製法は、コルビーチーズとほぼ同様である。しかし、コルビーチーズはアナトーで調味され、甘いナッツ風の風味とオレンジ色の色彩が添えられる[3]

ロングホーンLonghorn)は、アメリカにおけるコルビーチーズの最も良く知られたスタイルである[5]。「ロングホーン」という名は、オレンジ色の長い筒状をしたチーズの形状に由来している。コルビーは本来の四角形や半円状の形状でも供される[6]。コルビーチーズは熟成させず、すみやかに乾燥させる[5]

用途編集

コルビーチーズは風味がマイルドであるため、料理にはめったに使われない。典型的には、テーブルチーズとして、あるいはスナックやサラダに入れて用いられる。

派生編集

コルビーチーズとモントレー・ジャックはしばしば混ぜられ、コルビージャックと呼ばれるマーブルチーズが造られる[7]ピンコニングチーズ英語版は、コルビーに近い熟成チーズである。

2015年、芸術家のジョン・リーペンホフ (John Riepenhoff) とチーズ職人のボブ・ウィルズ (Bob Wills) は、ダブルクリーム・コルビー ("Double Cream" Colby) を開発した[8]

脚注編集

  1. ^ History: The Home of Colby Cheese Archived 2007-03-22 at the Wayback Machine.
  2. ^ Dairy Good: Home”. 2017年2月2日閲覧。
  3. ^ a b Frank Kosikowski; Vikram V Mistry. Cheese and Fermented Milk Foods. 3rd ed, Westport, Conn.: Author, 1997.
  4. ^ Colby cheese at Wisconsin FFA
  5. ^ a b Colby cheese at truestarhealth.com Archived 2007-01-01 at the Wayback Machine.
  6. ^ Ehler, James T.. “Longhorn Cheese : Food Facts & Trivia”. 2017年2月2日閲覧。
  7. ^ Wisconsin Cheese: Colby-Monterey Jack. Wisconsin Milk Marketing Board.
  8. ^ Twelfth Annual Nohl Fellowship Exhibition Opens at INOVA, October 9”. 2017年2月2日閲覧。

外部リンク編集

  •   ウィキメディア・コモンズには、コルビーチーズに関するカテゴリがあります。