コロニー5The Colony)は2013年カナダSF映画。監督はジェフ・レンフロー。日本劇場未公開。

コロニー5
The Colony
監督 ジェフ・レンフロー
脚本 ジェフ・レンフロー
スティーヴ・ルースコフ
パトリック・ター
パスカル・トロティエ
原案 パスカル・トロティエ
パトリック・ター
製作 ポール・バーキン
マシュー・セルヴィ
ピエール・エヴァン英語版
マリー=クロード・プーラン
製作総指揮 ノア・シーガル
マーク・スローン
マーク・シャバーグ
ピーター・グレアム
出演者 ローレンス・フィッシュバーン
ケヴィン・ゼガーズ
ビル・パクストン
音楽 ジェフ・ダナ
撮影 ピエール・ギル
編集 アーロン・マーシャル
製作会社 Alcina Pictures
Item 7
Mad Samurai Productions
配給 カナダの旗 Entertainment One / Alliance Films
公開 カナダの旗
  • 2013年4月26日 (2013-04-26)
上映時間 93分
製作国 カナダの旗 カナダ
言語 英語
製作費 C$16,000,000[1]
テンプレートを表示

ストーリー編集

2045年、雪が降り続き氷河期が訪れた地球で人々は地下にいくつかのコロニー<居留地>をつくり生活をしていた。

ある日、コロニー5との連絡が途絶え、コロニー7のリーダー格ブリッグス(ローレンス・フィッシュバーン)とサム(ケヴィン・ゼガーズ)たちは様子を見に行く。

しかし、そこには飢えで凶暴化した人間によって人々が殺され悲惨な状況だった。危うく殺されそうになるも、なんとか逃げ延びたサムはコロニー7に帰還。

しかし、メイソン(ビル・パクストン)の横暴な支配により、コロニー7はメイソンのものになっていた。さらに凶暴化した彼らがやってきて…

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

評価編集

批評家は「古いSFのアイデアだ」とした。ピーター・ハウエル(Peter Howell)は「カナダ人は低予算でハリウッドの大作をアレンジするのが上手い」とした[2]

ジェイ・ストーン(Jay Stone)は「繰り返しが多い。造形が中途半端で登場人物に感情移入できない」とした[3]

リアム・レイシー(Liam Lacey)はプロットが使い回しだとしたが「風景は本当に寒そうだ」と書いた。

DVD編集

コロニー5はDVDブルーレイで2013年8月にカナダで、2013年10月にアメリカ合衆国にてそれぞれ発売された。

日本では吹き替え付きでTCエンタテインメントから2014年1月29日に発売され、レンタル版はツタヤでのみ取り扱っている。

参考文献編集

外部リンク編集