コロンビア地震(コロンビアじしん)は、1970年7月31日(UTC)にコロンビアアマソナス県南部、同国とペルーの国境付近を震源として発生した地震である。

コロンビア地震
コロンビア地震の位置(コロンビア内)
コロンビア地震
地震の震央の位置を示した地図
本震
発生日 1970年7月31日
発生時刻 17時08分05秒 (UTC)
震央 南緯1度36分 西経72度32分 / 南緯1.6度 西経72.53度 / -1.6; -72.53座標: 南緯1度36分 西経72度32分 / 南緯1.6度 西経72.53度 / -1.6; -72.53
震源の深さ 645 km
規模    モーメントマグニチュード(Mw)8.0
津波 なし
地震の種類 スラブ内地震
地すべり なし
余震
回数 なし
被害
死傷者数 死者:1人
被害地域  コロンビア
出典:特に注記がない場合はISC-GEM Global Instrumental Earthquake Catalogue (1900-2009)による。
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

特徴編集

この地震の大きな特徴として、非常に震源の深い深発地震でありながらマグニチュードの値が大きいことが挙げられ、1994年ボリビア深発地震の発生まで深発地震としては最も規模の大きいものとして知られていた。この地震の震源は震央から地下645kmの地点であった。

地震動・被害編集

非常に震源が深かったこともあって地震動は非常に広範囲に伝わり、多くの土地で揺れが観測された。震源であるコロンビアの首都ボゴタのほか、アメリカ領プエルトリコサンフアンブラジルサンパウロなどで地震動が観測され、遠い所ではメキシコの首都メキシコシティアルゼンチンの首都ブエノスアイレスなどでも揺れが観測された。しかし、深発地震であることもあり、本震の発生後に余震は全く観測されなかった[1]

一方で地震による人的被害は非常に少なく、地震による死者は揺れの衝撃でショック死した1名のみ、また負傷者も数人のみだった[1]

脚注編集

[脚注の使い方]