コンスタンチノ・ドラード

コンスタンチノ・ドラード(Constantino Dourado、1567年ごろ - 1620年)は、天正遣欧少年使節に随行した日本人。日本名は不明。肥前国(現在の長崎県諫早市)出身。「コンスタンティノ・ドーラード」とも表記する。

略歴編集

天正遣欧少年使節に随行し、ジョルジュ・デ・ロヨラらと共に印刷技術を学んだ。インドのゴアでは『原マルティノの演説』、マカオでは『日本使節見聞対話録』を発行し、1590年グーテンベルク活版印刷機を持って帰国した。

また、帰国後はアレッサンドロ・ヴァリニャーノの秘書を務めたが、江戸時代の禁教令によりマカオへ退去した。マラッカで司祭に叙階され、1618年にはマカオのセミナリヨの院長となり、2年後、その地で死去した。

関連項目編集

関連書物編集

外部リンク編集