コンドラチェヴォ

コンドラチェヴォロシア語: Кондратьево)は、ロシア連邦レニングラード州ヴィボルグ地区ロシア語版に属する自治体である。

コンドラチェヴォ

Кондратьево
旧サッキヤルヴィ教会
旧サッキヤルヴィ教会
コンドラチェヴォの位置(レニングラード州内)
コンドラチェヴォ
コンドラチェヴォ
北緯60度38分00秒 東経28度09分45秒 / 北緯60.63333度 東経28.16250度 / 60.63333; 28.16250
ロシアの旗 ロシア
レニングラード州
行政区画 ヴィボルグ地区ロシア語版
旧名 サッキヤルヴィ(1940年まで)
面積
 • 合計 492,58km2
人口
(2010年)
 • 合計 1,028[1]
郵便番号
188908
市外局番 7 81378

概要編集

コンドラチェヴォはもともとフィンランドヴィープリ州に属しており、1940年まではサッキヤルヴィ(フィンランド語: Säkkijärvi)と呼ばれていた。

冬戦争モスクワ講和条約により一時サッキヤルヴィの大部分がソ連領となったが、続く継続戦争では開戦約2か月後にフィンランドが奪還している。しかし、ヴィボルグ-ペトロザヴォーツク攻勢を境に劣勢となったフィンランドはモスクワ休戦協定により事実上敗北し、サッキヤルヴィの9割がソ連への割譲を余儀なくされた。

ソ連に編入されたサッキヤルヴィは当初ウリヤノフカと命名されたが、1948年にソ連邦英雄であるピョートル・コンドラチェフ親衛大佐に因んだコンドラチェヴォと改名され、現在に至っている。

フィンランド民謡の一つであるサッキヤルヴェン・ポルッカ(サッキヤルヴィのポルカ)は、かつてソ連に奪われたサッキヤルヴィに対する想いを歌っており、フィンランド国民の多くに親しまれている。

名所編集

 
フィンランド国内で再建されたサッキヤルヴィ教会

サッキヤルヴィには1833年に建築された花崗岩製のルター派サッキヤルヴィ教会フィンランド語版が街のシンボルとして建っていたが、冬戦争におけるソ連軍の空襲で焼失してしまった[2]。戦後、ソ連により木造教会が再建されたが、1977年に旧教会跡は付属する墓地とともに取り壊された[3]。現在では跡地にフィンランド語とロシア語で記された石碑が建てられており、往時の教会を偲んでいる。

旧教会の所有財産はほぼ失われたが、旧教会の教区は現在コトカスオムッサルミが運用しており、鐘はヴオヒヤルヴィ教会フィンランド語版が所有している[3]

なお、ソ連の支援を受けてフィンランド国内に新たなサッキヤルヴィ教会が建てられており、こちらは現在でも見ることができる。

著名な出身者編集

脚注編集

  1. ^ Итоги Всероссийской переписи населения 2010 года. Ленинградская область.
  2. ^ Nurmiluoto, Timo (1997). Karjala kuvina, Viipurin Karjala. Helsinki: Kustannus Oy Constator. p. 125. ISBN 951-97086-6-9 
  3. ^ a b Koponen 1999, s. 172

参考文献編集