コンバットレスリング

コンバットレスリング<Combat Wrestling>は、木口道場の創始による関節技絞め技のあるレスリング。あるいは打撃のない総合格闘技である。

概要編集

通常のレスリングは相手の両肩を一秒以上マットに押さえつけるとフォールとなり、勝利となる。 また関節技や絞め技はフォールに結びつく物以外は反則となるが、コンバットレスリングはフォールでは勝利にならず(判定時のポイントにはなる) 関節技か絞め技によるタップ(ギブアップの意思表示)があった場合に試合終了となるのが基本ルールである。 また打撃技は基本的に禁止で、アマチュアが行う総合格闘技的に練習されることが多い。

創始者で会長の木口宣昭がレスリング出身者ということもあり、レスリングのルールも組み込まれている。大会には有名な総合格闘家も参加していて、全日本大会も開かれている。アマチュアのレスラーや総合格闘家等普段は見られないマッチメイクも魅力で、今は総合格闘家の登竜門となっている。

歴代全日本選手権優勝者編集

2021年SARS-CoV-2新型コロナウイルス感染症流行のため実施せず ただし12/11に全日本オープン開催(埼玉県カミケンシルクドーム)

  • 62kg級 吉竹哲也
  • 68kg級 上田敦雄
  • 74kg級 林拓海
  • 82kg級 斉藤秀昭
  • 90kg級 伊左次雄介
  • 100kg級 佐々木太一
  • +100kg級 倉島信行

2020年全日本選手権開催予定(3/22国士舘大学レスリング場)Covid-19新型コロナウイルス感染症流行の為中止

2019年全日本選手権優勝者(3/17国士舘大学レスリング場)

  • 62kg級 坂本純
  • 68kg級 田場マサオ
  • 74kg級 戸津龍佑
  • 82kg級 穴田龍洋
  • 90kg級 伊左次雄介
  • 100kg級 佐々木太一(2連覇)
  • +100kg級 皆川大輔(3連覇)

2018年全日本選手権優勝者(3/18国士舘大学レスリング場)

  • 57kg級 八重樫大輔
  • 62kg級 田村裕之
  • 68kg級 渡部修斗(2連覇)
  • 74kg級 嶋田元紀
  • 82kg級 蓮見隆太
  • 100kg級 佐々木太一
  • +100kg級 皆川大輔(2連覇)

2017年全日本選手権優勝者(3/26国士舘大学レスリング場)

  • 57kg級 入山省吾
  • 62kg級 田中淳平
  • 68kg級 渡部修斗
  • 74kg級 和田健太郎
  • 82kg級 佐藤竜太(2連覇)
  • 90kg級 菊池嘉幸
  • 100kg級 西村刀(2階級制覇・2連覇)
  • +100kg級 皆川大輔

2016年全日本選手権優勝者(3/13国士舘大学レスリング場)

  • 62kg級 吉竹哲也
  • 68kg級 和田健太郎
  • 74kg級 三浦寛喜
  • 82kg級 佐藤竜太
  • 90kg級 小田貴久
  • +100kg級 西村刀

2014・2015年度は全日本選手権実施せず

2013年全日本選手権優勝者(3/24国士舘大学レスリング場)

  • 60kg級 林駿平
  • 66kg級 鷹島大樹
  • 73kg級 村上貴将
  • 80kg級 植松直哉
  • +80kg級 砂奥洋明

2012年全日本選手権優勝者(3/18町田市立総合体育館)

2011年は全日本選手権実施せず

2010年全日本選手権優勝者(3/20町田市立総合体育館)

  • 60kg級 秋本仁
  • 66kg級 植松直哉
  • 73kg級 岡田章
  • 80kg級 北岡悟
  • +80kg級 守光博史

2009年全日本選手権優勝者(3/22町田市立総合体育館)

2008年全日本選手権優勝者(3/23町田市立総合体育館)

  • 60kg級 秋元仁
  • 66kg級 沼尻健
  • 73kg級 高橋良治
  • 80kg級 北岡悟
  • +80kg級 下中隆広

2007年全日本選手権優勝者(3/21町田市立総合体育館)

  • 58kg級 秋元仁
  • 62kg級 長谷川里士
  • 67kg級 馬場勇気
  • 73kg級 五味隆典
  • 80kg級 春原幸徳
  • +80kg級 竹内出

2006年全日本選手権優勝者(3/18町田市立総合体育館)

  • 58kg級 鈴木一美
  • 62kg級 村上貴将川里士
  • 67kg級 鈴木徹
  • 73kg級 田中宏茂
  • 80kg級 井上裕貴
  • +80kg級 竹内出

2005年全日本選手権優勝者(3/19町田市立総合体育館)

  • 58kg級 百武直宏
  • 62kg級 秋元じん
  • 67kg級 風間奨勇気
  • 73kg級 植松直哉
  • 80kg級 花井岳文
  • +80kg級 竹内出

2004年全日本選手権優勝者(3/20町田市立総合体育館)

  • 58kg級 畑武彦
  • 62kg級 村田卓実
  • 67kg級 中村浩士
  • 73kg級 山崎昭博
  • 80kg級 鈴木琢也
  • +80kg級 竹内出

2003年全日本選手権優勝者(3/23町田市立総合体育館)

  • 60kg級 中村浩
  • 66kg級 上田将勝
  • 74kg級 五味隆典
  • 84kg級 竹内出
  • +84kg級 宮沢誠

2002年全日本選手権優勝者(3/24町田市立総合体育館)

  • 60kg級 高橋大児
  • 66kg級 戸井田克也
  • 74kg級 五味隆典
  • 84kg級 竹内出
  • +84kg級 相沢純

2001年全日本選手権優勝者(3/20町田市立総合体育館)

  • 58kg級 中井秀治
  • 63kg級 佐藤 克仁
  • 69kg級 五味隆典
  • 76kg級 佐藤留美奈
  • 85kg級 竹内出
  • +85kg級 ジェイソン・ビコー

世界選手権及び日本代表編集

第1回2015年8月開催 ブルガリア共和国/ヴァルナ

第2回2016年10月開催 ハンガリー/タマシ

第3回2017年10月開催 日本/埼玉(日本開催のため、各階級2名出場)

62kg級 入山省吾 2位

    田場マサオ 第3位

68kg級 渡部修斗 優勝

    児玉亮太 第3位

74kg級 和田健太郎 第2位

    齋藤秀昭 第3位

82kg級 小田貴久 第2位

    佐藤竜太 第3位

90kg級 佐々木太一 第3位

100kg級 久能孝徳 優勝

     西村刀 第2位

+100kg級 小澤幸康 第2位

     皆川大輔 第3位

第4回2018年10月開催 アメリカ/セントルイス

ベテラン68kg級 金光武秋 第2位

シニア74kg級 齋藤秀昭 第3位

ベテラン82kg級 小岩健一 第2位

シニア90kg級 佐々木太一 第3位

第5回2019年10月開催 ルーマニア/ ブカレスト

ベテラン-90㌔級 小田貴久 準優勝

ベテラン-62㌔級 安東努 優勝

アダルト-62㌔級 安東努 第3位

第6回2020年10月開催予定 ハンガリー SARS-CoV-2新型コロナウイルス感染症流行のため中止

関連項目編集

外部リンク編集