コンバース・オールスター

コンバース・オールスターは、コンバース社が販売するスニーカーである。

さまざまなタイプのコンバース・オールスター

概要編集

アッパー(甲を覆う部分)には、主にキャンバス生地やレザーなどが使用され、靴底はゴムでできている。アッパーがまで覆うHIカットと、踝が出るOXカットの2種類が存在する[1]。また、アッパー生地の色の種類やペイントされた模様により、多彩な種類が存在するのも特徴である。HIカットは当時新しいスポーツであったバスケットボール用のシューズとして開発されたもので、バスケットボールの普及とともに知名度を高めていった。

アメリカではChuck Taylor All-Starsと呼ばれており、コンバース日本公式サイトでも「CHUCK TAYLOR」(チャック・テイラー)として分類されている。このChuck Taylorは、1917年にオールスターが登場したときにこの靴を利用したバスケットボールプレーヤー英語版の名前である。テイラーはこの靴の改良提案並びに販売にも関わり、その普及の功績から1946年以降はアンクルパッチ(踝部の星のマーク)に彼のサインが入るようになり、それは現在も続いている。

基本設計が古く、足型もかなり細いため、最新のスニーカーなどと比較すると履き心地は良いとは言えないが、シンプルで完成度が高く、どんな服にも合わせやすいデザインにより、根強い人気がある。

脚注編集

  1. ^ 国内のスタンダードモデルはHIとOXの2種類だが、シーズンモデルや限定品の中には、OXとHIの中間の「MID」。HIより長い「SHIN-HI」。SHIN-HIより長い「KNEE-HI」。KNEE-HIよりさらに長い「XX-HI」などもある。

外部リンク 編集