コーディン

蛋白質

コーディン(こーでぃん、Chordin (ギリシャ語のχορδή、ひも、catgutから))またはCHRDは、脊椎動物の初期胚発生時の背腹パターン形成において重要な役割を果たすタンパク質[1]。 Chordinはchrd 遺伝子によってコード化されている[2]

CHRD domain
識別子
略号 CHRD
Pfam PF07452
InterPro IPR010895
SMART SM00754
PROSITE PS50933
利用可能な蛋白質構造:
Pfam structures
PDB RCSB PDB; PDBe; PDBj
PDBsum structure summary
テンプレートを表示
chordin
識別子
略号 CHRD
Entrez英語版 8646
HUGO 1949
OMIM 603475
RefSeq NM_003741
UniProt Q9H2X0
他のデータ
遺伝子座 Chr. 3 q27
テンプレートを表示

シュペーマンオーガナイザーから分泌されるタンパク質であり、周囲の未分化外胚葉組織に働きかけることにより神経組織を誘導するタンパク質である。

ハンス・シュペーマンヒルデ・マンゴルトらが、原口背唇部を他の胚に移植すると二次体軸が形成されることから、その活性が報告されていたが[3]、長らくその実態は不明であった。笹井芳樹De Robertisは、ディフェッレンシャルスクリーンを用いることにより、それに関わるタンパク質を同定し、コーディンと名付けた[4][5]。その実態は、骨形成タンパク質の阻害タンパク質である[4][5]

参考文献編集

  1. ^ “Mammalian BMP-1/Tolloid-related metalloproteinases, including novel family member mammalian Tolloid-like 2, have differential enzymatic activities and distributions of expression relevant to patterning and skeletogenesis”. Developmental Biology 213 (2): 283-300. (September 1999). doi:10.1006/dbio.1999.9383. PMID 10479448. 
  2. ^ “Genomic organisation of the human chordin gene and mutation screening of candidate Cornelia de Lange syndrome genes”. Human Genetics 105 (1-2): 104-11. (1999). doi:10.1007/s004390051070. PMID 10480362. 
  3. ^ Spemann, H.; Mangold, Hilde (1924-09). “über Induktion von Embryonalanlagen durch Implantation artfremder Organisatoren” (ドイツ語). Archiv für Mikroskopische Anatomie und Entwicklungsmechanik 100 (3-4): 599-638. doi:10.1007/BF02108133. ISSN 0949-944X. http://link.springer.com/10.1007/BF02108133. 
  4. ^ a b Sasai, Yoshiki; Lu, Bin; Steinbeisser, Herbert; De Robertis, Eddy M. (1995-07). “Regulation of neural induction by the Chd and Bmp-4 antagonistic patterning signals in Xenopus”. Nature 376 (6538): 333-336. doi:10.1038/376333a0. ISSN 0028-0836. https://doi.org/10.1038/376333a0. 
  5. ^ a b コーディン - 脳科学辞典”. bsd.neuroinf.jp. 2020年8月1日閲覧。

外部リンク編集