脳科学辞典

脳科学辞典(のうかがくじてん、Brain Science Dictionary、略:BSD)は、日本語で書かれた、無料で閲覧できる査読制度つきオンライン百科事典。取り扱い分野は脳科学神経科学。記事は各分野の専門家が執筆している。脳科学分野の研究者および研究者予備軍を主な想定読者としている。2011年6月にサイト構築がスタートした[1]理化学研究所脳科学総合研究センターのメンバーらが中心となって運営している。約1,000個の用語の解説を用意することを目指している。

脳科学辞典
(のうかがくじてん)
URL
http://bsd.neuroinf.jp
タイプ オンライン百科事典
分野 脳科学神経科学
使用言語 日本語
閲覧 無料
登録 記事の編集にはアカウント登録が必要(アカウント登録は事務局側で行われ、利用者名とパスワードはメールで通知される)。閲覧には不要。
著作権

クリエイティブ・コモンズ 表示-改変禁止(CC BY-ND)

CC-BY-ND-icon-88x31.png
運営元 脳科学辞典編集委員会
営利性 非営利
設立 2011年6月[1]
現代表
執筆者 大学教授などの専門家
査読制度 あり
現状 記事数増加中[2]
使用Wiki MediaWiki

目次

概要編集

脳科学分野の約1,000個の用語の解説を用意し、無償公開することを目指しているサイト。想定読者として、脳科学分野の現役研究者、そしてこれから脳科学分野で研究を行おうとしている学生と他分野の研究者、を主に想定している。記事は各分野の専門家により執筆され、査読を経た上でネット上で公開されている。記事の執筆はボランティアで無償。執筆者には「Wikipediaに同じ用語の解説があるかどうか調べ、もしあった場合は、少なくともそれよりは専門的な内容を含んだもの、最新の研究動向を含んだものにする」事が義務付けられている[3]。しかし「Wikipediaの解説にもかなり専門的なものもある。そのような場合は上記方針は無効とする」としている[3]

記事執筆の流れ編集

記事執筆の流れはおおよそ以下のようになっている[4]

  1. 編集委員が執筆項目と執筆者を選定
  2. 執筆者に、ウィキで執筆作業をするための利用者名とパスワードをメールで送付。
  3. 執筆者が受け取った利用者名とパスワードを用いてサイトにログイン。
  4. 執筆者はウィキにログインした状態で、ネット経由で記事を執筆(この段階では記事はまだ公開されておらず、ネット上では白紙で表示される)
  5. 執筆が終わったら、執筆者はその旨を事務局にメールで連絡。
  6. ウィキの管理者が、書かれた記事を見て、章立てやスタイルの調整、誤字脱字修正といった編集校正作業を行う。
  7. ウィキの管理者が、査読者に査読依頼のメールを送信。
  8. 査読者が査読を行う。査読者から意見がついた場合、執筆者による修正が行われるまで待機する。
  9. 合格して査読を通過すると、記事が白紙状態を終え、内容が表示されるようになり、記事がネット上で公開される。

編集委員編集

以下、編集委員長および各分野の編集委員とスタッフの一覧である[5]

編集委員長編集

  • 田中啓治(理化学研究所 脳科学総合研究センター)
  • 御子柴克彦(理化学研究所 脳科学総合研究センター)

編集委員編集

認知

  • 入來篤史(理化学研究所 脳科学総合研究センター)
  • 定藤規弘(自然科学研究機構 生理学研究所)

システム

  • 伊佐正(自然科学研究機構 生理学研究所)
  • 藤田一郎(大阪大学大学院 生命機能研究科)

回路

  • 岡本仁(理化学研究所 脳科学総合研究センター)
  • 渡辺大(京都大学大学院 生命科学研究科・医学研究科)

細胞・シナプス・分子

  • 河西春郎(東京大学大学院 医学系研究科)
  • 林康紀(理化学研究所 脳科学総合研究センター/京都大学大学院 医学研究科)
  • 尾藤晴彦(東京大学大学院 医学系研究科)
  • 柚崎通介(慶応義塾大学大学院 医学研究科)

発生

病気

  • 加藤忠史(理化学研究所 脳科学総合研究センター)
  • 高橋良輔(京都大学大学院 医学研究科)

技術

  • 臼井支朗(理化学研究所 脳科学総合研究センター)

編集事務局編集

  • 古屋友恵(理化学研究所 脳科学総合研究センター 編集事務一般)

ライセンス編集

脳科学辞典の記事は「クリエイティブ・コモンズ 表示-改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1 jp)」のライセンスの元で利用できる。ウィキペディアのライセンスとは互換性がないため、脳科学辞典の内容をウィキペディアにコピーすることはできない。

ソフトウェア編集

脳科学辞典では多数の人間が同時に編集に参加できるウィキシステムを採用している。ソフトウェアとしてはMediaWikiを使用している。そのためウィキペディアとほとんど同じインターフェースを持ち、ウィキペディアを利用したことのあるユーザーにとっては親しみやすいシステムとなっている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b メインページの編集とアカウント登録が2011年6月7日からスタートしているため。正式なプロジェクトのスタート日は不明。(メインページの履歴利用者の一覧:作成日順に整列
  2. ^ 最近完成した記事は、脳科学辞典:最近完成した項目で、最新の更新状況は特別:最近の更新のページでチェックできる。
  3. ^ a b 脳科学辞典:執筆にあたって 脳科学辞典 最終閲覧日 2012年6月5日
  4. ^ 当節の内容は、脳科学辞典:執筆にあたって脳科学辞典:脳科学辞典について脳科学辞典:執筆方法脳科学辞典:査読方法の各ページの情報を参照した。各ページともに最終閲覧日 2012年6月5日
  5. ^ 脳科学辞典:脳科学辞典について 脳科学辞典 最終閲覧日 2012年6月5日

関連項目編集

外部リンク編集