コーンウォリス男爵

コーンウォリス男爵(Baron Cornwallis)は、イギリス男爵位。過去に二回創設されており、保守党の政治家だったファインズ・コーンウォリス英語版1927年に叙された第2期の連合王国貴族のコーンウォリス男爵位が現存している。1661年創設の第1期のイングランド貴族のコーンウォリス男爵位についてはコーンウォリス伯爵を参照。

歴史編集

第1期コーンウォリス男爵位を持つ最後の人物だった第5代コーンウォリス伯爵ジェイムズ・マン英語版(1778-1852)の娘ジェマイマ・イザベラ・マン(Jemima Isabella Mann, -1836)の息子である陸軍少佐ファインズ・コーンウォリス(Fiennes Cornwallis, 1831-1867)の息子で保守党庶民院議員を務めたファインズ・コーンウォリス英語版(1864–1935)1927年1月31日連合王国貴族爵位ケント州におけるリントンのコーンウォリス男爵(Baron Cornwallis, of Linton in the County of Kent)に叙されて貴族院議員に列したのに始まる[1][2]。以降彼の直系に継承されて2019年現在まで存続している。現在の当主は4代コーンウォリス男爵ファインズ・コーンウォリスである[2]

コーンウォリス男爵 第1期 (1661年)編集

コーンウォリス男爵 第2期 (1927年)編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Lundy, Darryl. “Fiennes Stanley Wykeham Cornwallis, 1st Baron Cornwallis” (英語). thepeerage.com. 2019年9月9日閲覧。
  2. ^ a b Heraldic Media Limited. “Cornwallis, Baron (UK, 1927)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2019年9月9日閲覧。