ゴッドフリー・コプリ

第2代準男爵ゴッドフリー・コプリ(Sir Godfrey Copley, 2nd Baronet、1653年頃-1709年4月9日)はイギリスの裕福な地主、絵画コレクターで著名人であった。現在のサウス・ヨークシャー州ドンカスターにあたるスプロットブロー英語版に住んでいた。

コプリは、1661年にチャールズ2世によって準男爵に序せられた同名の人物の息子であり、1678年に父親の準男爵位を継いだ。1679年から1685年にはヨークシャー州の特別区オールドバラの、1695年から1709年まではサースクの議員を務めた。また会計院の理事や軍の指揮官としても活躍した[1]

1691年に王立協会の会員に選ばれた[2]。彼は、1709年に100ポンドの遺産を王立協会に寄付したことでよく知られている。王立協会はこれを基金として、科学的な業績を上げた人物に対して毎年与えられる賞を創設し、コプリ・メダルと命名した。コプリ・メダルはイギリスで最も古い科学の賞である。

コプリは1709年にウェストミンスターの自宅で亡くなり、スプロットブローに埋葬された。コプリは2度結婚していた。最初の妻はモントゴメリーシャーのJohn Pucellの娘・キャサリン(Catherine)で、次の妻はコーンウォールのSir John Carewの娘・ガートルード(Gertrude)だった。コプリには、最初の妻キャサリンとの間に同名のキャサリンという娘がいたが、準男爵位を継承できる男子がいなかったため、コプリの準男爵位は廃止された。娘のキャサリンはコーンウォールのJoseph Moyleと結婚した。その息子のJoseph Moyleは、1778年にスプロットブローの土地を継承する際に姓をコプリに改め、準男爵に序せられた[3]

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ COPLEY, Sir Godfrey, 2nd Bt. (c.1653-1709), of Sprotborough, Yorks.”. History of Parliament Online. 2013年3月6日閲覧。
  2. ^ Library and Archive catalog”. 2011年5月15日閲覧。
  3. ^ Debrett, John. Debrett's Baronetage of England. p. 211 

外部リンク編集