ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』(God Help the Girl)は、2014年イギリス青春ミュージカル映画。ロックバンド『ベル・アンド・セバスチャン』のスチュアート・マードックが2009年にリリースした同名ソロアルバムを原作として自らが脚本と監督を務め、2014年サンダンス映画祭で審査員特別賞を受賞した。また、2014年ベルリン国際映画祭、2014年サウス・バイ・サウスウエストで正式出品された。

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール
God Help the Girl
監督 スチュアート・マードック
脚本 スチュアート・マードック
製作 バリー・メンデル
出演者 エミリー・ブラウニング
オリー・アレクサンダー
ハンナ・マリー
配給 日本の旗 アット・エンタテインメント
日本の旗 武蔵野エンタテインメント
公開 イギリスの旗 2014年1月18日
日本の旗 2015年8月1日
上映時間 111分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 102,757ドル[1]
テンプレートを表示

ストーリー編集

スコットランドのグラスゴーのとある街。 少女イヴ(エミリー・ブラウニング)は拒食症の治療のため入院していた。ある日、イヴは病院を抜け出しライヴハウスへ行く。そこでイヴはジェームズ(オリー・アレクサンダー)に出会う。さらにジェームズが音楽を教えているキャシー(ハンナ・マリー)を紹介してもらい、3人は一緒に音楽を作り出す。

キャスト編集

役名 俳優
イヴ エミリー・ブラウニング
ジェームズ オリー・アレクサンダー
キャシー ハンナ・マリー

製作編集

背景編集

公開編集

2014年1月18日、2014年サンダンス映画祭のワールドシネマドラマ部門のコンペティションで上映された[2][3]

2015年8月1日、日本での全国上映が開始された。

受賞とノミネート[4]編集

部門 結果
2014年サンダンス映画祭 ワールドシネマドラマ部門 グランプリノミネート/審査員特別賞受賞
2014年ベルリン国際映画祭 ジェネレーション部門 クリスタル・ベア賞ノミネート
2014年ニューポートビーチ映画祭 音楽賞受賞
2014年シアトル国際映画祭 若手フューチャーウェーブ賞ノミネート

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ God Help the Girl”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2016年3月11日閲覧。
  2. ^ Sundance 2014: World Cinema Dramatic Competition”. 2016年3月11日閲覧。
  3. ^ God Help the Girl - Director Stuart Murdoch”. 2016年3月11日閲覧。
  4. ^ 『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』”. 2016年3月11日閲覧。

外部リンク編集