ベルリン国際映画祭

ベルリン国際映画祭(ベルリンこくさいえいがさい、: Internationale Filmfestspiele Berlin, 1951年 - )は、ドイツベルリンで毎年2月に開催される国際映画製作者連盟 (FIAPF) 公認の国際映画祭カンヌ国際映画祭ヴェネツィア国際映画祭と並び世界三大映画祭のひとつに数えられる。ドイツではベルリナーレ (Berlinale) と呼ばれることが多い。

ベルリン国際映画祭
Berlinale 2007
Berlinale 2007
イベントの種類 映画祭
初回開催 1951年
会場 ベルリン
主催 アルフレッド・バウアードイツ語版
企画制作 アルフレッド・バウアー
公式サイト
備考
世界三大映画祭のひとつ。
Journalists during the Berlin Film Festival in 2008.jpg

目次

概要編集

他の映画祭と比べると社会派の作品が集まる傾向がある。また、近年は新人監督の発掘に力を注いでいる。

最高賞は作品賞にあたる金熊賞 (Goldener Bär)。この賞の名は熊がベルリン市の紋章であることにちなむ。

FIAPF公認の国際映画祭中、2006年の上映作品数は第7位(360本)、来場者数は第1位(418,000人)であった。三大映画祭では唯一大都市で開催されていることが来場者数の多さにつながっている。

2014年版開催終了時点で、10日間の期間中に販売した一般入場券が33万枚を突破し、「世界最大の映画祭」であると映画祭責任者のディーター・コスリック英語版によって発表された。

歴史編集

1951年に映画史家のアルフレッド・バウアードイツ語版をディレクターに開催されたのが起こり。第二次世界大戦前に芸術の都として栄えたベルリンの西側の拠点であり、東側の中にある当時の西ベルリンにて西側の芸術文化をアピールしたいという政治的意図があったとされる。1955年にFIAPFに公式に認められた。当初は東側の作品は除かれており、ソ連の初参加は1974年である。

バウアーの引退後、1976年にヴォルフ・ドナードイツ語版が第2代のディレクターに就任する。ドナーは夏開催であった本映画祭を2月開催に変更した。1980年に第3代ディレクターとしてモーリッツ・デ・ハデルン英語版が就任する。ハデルンはハリウッド映画に重点をおくセレクションを映画祭にもたらした。1994年には、映画にも及んだGATTの貿易対立で、アメリカ側が映画祭をボイコットする騒ぎとなり、ハリウッド重視の方針により大きな影響を受けた。2000年にハデルンはディレクターを解任され、2001年で退任。2002年からはディーター・コスリックが第4代ディレクターとなっている。

部門編集

ベルリナーレにはコンペティション部門、フォーラム部門、パノラマ部門、レトルスペクティブ部門、青少年映画部門、ドイツ映画部門の6つの公式部門がある。それぞれに部門にディレクターがおり、独立した運営体制をとっている。その他、2004年から始まったベルリナーレ・スペシャルや、映画を売り買いするヨーロピアン・フィルム・マーケット (Europian Film Market) なども開催されている。

コンペティション部門
世界中から優れた映画作品が集められ、最優秀賞である金熊賞などが授与される。
パノラマ部門
コンペティション部門からは外れたものの優れた作品を上映する。のちに名をなす監督のデビュー作がこの部門で紹介されたことも多い。作品のテーマ、質ともにかなり幅広いのが特徴である。ドキュメンタリー映画が上映されることも多い。
フォーラム部門
当初は若手監督の支援を目的に始まり、名前も以前は「ヤング・フォーラム部門」であったため、新人の作品が多く上映される。また、アヴァンギャルド映画、実験映画、ルポルタージュの上映、埋もれていた過去の優れた作品を再上映することもある。近年では二つの部門の違いがさほど明らかではなくなってきているようである。
レトロスペクティブ部門
1977年からドイツ・キネマテークの運営で行われており、過去に制作された優れた作品を上映している。毎年テーマが決められ、特定の監督をフィーチャーする場合もある。
子ども映画部門 (Kinderfilmfest)
1978年からあったが、2007年から2つに分かれることになった。Generation Kplusは4歳以上が対象で、11人の子どもの審査員によって最優秀賞が選ばれる。Generation 14plusは14歳以上が対象で、7人の子どもの審査員によって最優秀賞が選ばれる。

編集

  • 金熊賞 (Golden Bear / Goldener Berliner Bär) - 以下は国際審査員によって選出される。
  • 金熊名誉賞 (Golden Bear – Honorary Award / Goldener Ehrenbär)
  • 銀熊賞 (Silver Bear / Silberner Bär)
    • 審査員グランプリ (Jury Grand Prix - Silver Bear)
    • 監督賞 (Silver Bear for Best Director / Silberner Berliner Bär Beste Regie)
    • 男優賞 (Silver Bear for Best Actor / Silberner Berliner Bär Bester Darsteller)
    • 女優賞 (Silver Bear for Best Actress / Silberner Berliner Bär Beste Darstellerin)
    • 脚本賞 (Silver Bear for Best Script / Silberner Berliner Bär, Bestes Drehbuch)
    • 音楽賞 (Silver Bear Best Film Music / Silberner Berliner Bär Beste Filmmusik) - 2007年に廃止された。
    • 芸術貢献賞 (Silver Bear for an outstanding artistic contribution / Silberner Berliner Bär Besondere künstlerische Leistung)
    • アルフレッド・バウアー賞 (Alfred-Bauer Prize / Alfred-Bauer Preis) - 新しい視点を示した作品に贈られる。
  • 初監督作品賞 (The Best First Feature Award / Der Preis für den Besten Erstlingsfilm) - 本賞専任の審査員 (Best First Feature Jury) によって選出される。
  • 短編部門 - 本部門専任の審査員 (International Short Film Jury) によって選出される。
    • 金熊賞
    • 銀熊賞
  • パノラマ観客賞 - 観客賞
  • ベルリナーレ・カメラ - 功労賞
  • クリスタル・ベア - 4歳以上の子どもを対象にした映画部門(Kplus)、14歳以上の青少年を対象にした映画部門(14plus)に贈られる。
  • テディ賞 - LGBTを扱った映画に贈られる。
  • シューティング・スター賞 - 欧州の若手俳優・女優に贈られる。

日本との関わり編集

その他の日本映画関連の受賞は、

ギャラリー編集

脚注編集

外部リンク編集