ゴッホ 契約の兄弟

ゴッホ 契約の兄弟』(ゴッホ けいやくのきょうだい)は、美術史家である新関公子の芸術評論。兄弟であるフィンセント・ファン・ゴッホテオドルス・ファン・ゴッホの間で行われた文通や関係者による膨大な記録を精読することで、2人の関係を再検証している[1]

ゴッホ 契約の兄弟
フィンセントとテオ・ファン・ゴッホ
著者 新関公子
発行日 2011年11月
発行元 ブリュッケ
ジャンル 芸術評論
日本の旗 日本
形態 単行本
ページ数 403
コード ISBN 978-4-4341-6117-9
Portal.svg ウィキポータル 文学
Portal.svg ウィキポータル 美術
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

反響編集

2012年に、優れた芸術評論を発表した人に対して賞を贈呈し芸術文化を振興することを目的としている第22回吉田秀和賞を受賞した[2]

書誌情報編集

  • 単行本: 403ページ
  • 出版社: ブリュッケ
  • 出版年: 2011年11月[2]

脚注編集

  1. ^ “ゴッホ 契約の兄弟 新関公子著 神話の再考を促す緻密な労作”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2011年12月14日). http://www.nikkei.com/article/DGXDZO37182630Q1A211C1MZC001/ 2016年1月13日閲覧。 
  2. ^ a b 「第22回吉田秀和賞」受賞者決定のお知らせ”. 水戸芸術館 (2012年11月30日). 2016年1月13日閲覧。